12/29/2008

ぽっくりでカランコロン


写真で見ると重そうですが、実はとっても軽いです。
本漆塗りの「下駄」です。
下駄なので、素足に履いても気持ちが良いですよ。

平井履物店というお店が東京谷中にあります。
私はここでの草履・下駄に出会ってから、他では買えなくてなってしまったほど、とても履きやすいです。
左右対称なので、同じ方向に履いていて癖がついたら左右を逆にして履きます。
草履だからこそ、仕立てがあるのだなって思います。

日本にいる時、平井履物店の店先で平井さんとお話をするのが大好きでした。
「ぽっくり」についてのお話。
「壱拾参参りにもぽっくり履くのよ。芸者さんは、お正月の置屋まわりに白い鼻緒をつけるけど、白足袋に白い鼻緒だと映えないね。でも、それが「決まり」だから」

自分用の下駄なので、鼻緒はお洒落に刺繍をしたものにしていただきました。
来年が良い年になりますように、カランコロン、年を越しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿