1/30/2009

ニューヨークで着付けの免状


ニューヨークで着付け教室を開いて6ヶ月になりますが、私の教室から全国和装コンサルタント協会が認める2級講師の免状をだすことができました。
協会では海外の教室から免状を出すのは初めてのことでした。
今回、2級講師の免状を取得した方は、ご主人様の仕事の都合でニューヨークに住んでいました。でも、日本に3月に帰国してしまいます。
「着付けがこんなに楽しいとは思わなかった」と言ってくださって、日本に戻られても、着物の着付けに携わることをしたいとおっしゃってくださいました。
私も夫の仕事の都合で7ヶ月前にニューヨークに引越しをしてきました。そして、右も左も分からない慣れない地で着付け教室を開いたので、通ってくださっている生徒様皆様と一緒に一から作ったような教室でした。そんな中で、今回免状を取得した生徒様が「着付けが楽しい」と純粋に思ってくれた言葉が、免状を出せたことよりも何よりもうれしく思いました。

出張着付けの仕事もしているのですが、いつも着物の着付けしたお客様はとても喜んで下さいます。
でも、なぜか自分の技術に満足できたことがなくて、出張着付けの仕事の後の帰り道は一つ一つ思い出しては考えてしまって、自分一人での反省会状態です。
そんな時に、花嫁の着付けではとても有名な千葉益子先生の言葉に出会いました。
花嫁姿を、こんなにも美しいものがあるだろうかと思いつづけ、双の手に祝福と幸せをこめて四十有余年。その時折の特別な感慨も想われて、フィルムの一こま一こまはつきるものではありません。和服をこよなく愛するこころと、その技を極めたい前向きの情熱が、常に私を支えてくれました。
着付けをするたび「より一層、より一層、その人らしい美と着物の美が引かれあうように表現できたら」と、私もそんな一心です。
今回免状を取得した生徒様に、千葉先生の言葉を伝えたいなって思いました。
着物のやむことのない美が、着る人の美への懸け橋である「着付けの世界」、そんな世界に踏み出す一歩目をお手伝いできたことがうれしくて、習得した技術がこれからにつながることを心から願っております。




生徒様からいただいた手紙
こちらこそお礼を伝えたいなって思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿