2/28/2009

オペラ「蝶々夫人」の衣装演出


昨日、ニューヨークのメトロポリタンオペラハウスに「マダムバタフライ Madama Butterfly」を見に行ってきました。
演出が素晴らしかった。
オペラというより、まるでミュージカルを見ているようでした。
文楽を意識したような演出が特に斬新でした。
先日、正にオペラの中のこれぞオペラという感じの「ランメルモールのルチア」を見たばかりなので、あまりに違う演出に驚きでした。

衣装については、はじめは仰け反ってしまうほど、「これが着物?」と言う印象でした。
役柄に関係なく、日本人役の男の人たちの衣装は衣冠束帯。
女性は、十二単と着物との間のような「着物?」という感じでした。
髪型の鬘は、プラスチックのような物で日本髪の形状をだした鬘をのせているという感じでした。
はじめは、「あらら」と思って見ていましたが、見ているとだんだんと演出と衣装がなんともマッチしていくのです。この感覚は不思議でした。演出が時代背景のようなものを強く主張するものはなく、そのため、「着物」だけがプッチーニが描いた物語の時代背景を強調してもバランスが取れなくなってしまうのかもしれません。
舞台衣装は「着物」と言う概念の範囲に収めてしまうよりは、演出とのトータルコーディネートが必要なのですね。 コスモポリタンな斬新さを感じました。
「着物はこうあるべき」とか・・・着物のように文化が形として定着してしまっている物だと、既成概念をいくらでもならべられるから、否定から物を見てしまいがちです。

私は笹島寿美先生に時代衣装の着付けについて、オペラ「マダムバタフライ」の、時代背景と役柄にそった着物の着付け方をご指導いただいたことがあります。忠実に再現することは最も必要なことでもあります。
そして、その上で、舞台のトータルでの演出の方向性を見出しながら、更なる舞台衣装としてのコーディネートや着付けがされることによって、完成された世界観が作れる衣装演出を担えるのだろうと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿