3/29/2009

平安時代の「あお」

色を表現する時は、経験からきている感覚的なものが含まれていることって多いような気がしました。
今日のマンハッタンは霧でいっぱいで、いつも見えるエンパイアステートビルが全く見えませんでした。
まるで白黒映画を見ているような風景。

霧でくすんだ街の「白」のイメージとは異なり、
「白」を「真っ白」と表現すると、(時と場合にもよりますが)とっても明るい陽がサンサンと降り注ぐ眩しさを思い浮かべてしまいます。

先日、源氏物語の世界の背景(平安時代の宮廷世界について)書いてあるものを読んでいたら、平安時代の人々の色彩感覚について書いてありました。
平安時代の人々が概念として持っている色の種類はかなり少なく、その中でも特徴的なのが「アオ」は赤と黒の中間にある幅広い色を指し、黄・緑・茶・灰などの色がすべて「アオ」と表現される可能性があったそうです。白と灰色が混ざった色の状態も「アオ」と呼ばれていたので、現代でも川沼などで見かける鳥、アオサギ(青鷺)を「アオ」と表現するのも、平安時代の色の感覚からの表現が定着したそうです。

たしかに、アオサギ(青鷺)の鳥を青色には見えたことはないので、名前を知らなかったら「大きな白っぽい鳥」と表現していたかもしれません。

白馬を「アオウマ」と読むことがあります。
(今でも行なわれている、上賀茂神社「白馬奏覧神事」、白馬「あおうま」の節会「せちえ」)
中国の陰陽五行説では、「春に陽のものを見るとその年の邪気を避けることが出来る」とされて、春は「青色」、陽の動物は「馬」とされ、両者が結びついて春に青馬を見る行事が年明けに宮廷で行なわれるようになりました。
平安時代には、「白」が最上位の色として置かれるようになって、青馬を白馬の字にあて換えられましたが、読み方は変わることがなかったので、その行事については白馬を「あおうま」と読んでいます。
3年ぐらい前でしょうか?お正月に京都の上賀茂神社に初詣に行ったときに、白馬がいたのがとても印象的でした。
こういう意味があったのだなって、本を読みながら思いました。

「白」と言う色が、清らかな透明感のある印象を受ける時があるのは、肉眼的に見る色の印象だけではなく、風土や経験から得た感覚が、色彩の感覚としてあるのかな?と思いました。

色の概念が少ないという平安時代に登場する衣装「十二単」、まるで独立した十二色が重なりあうイメージがあるかもしれませんが、同じ色とした大枠の「色」の概念のなかで、襲(かさね)の色目、単色の組み合わせによる(グラデーションのような)「配色美」を競ったものだと思います。

ブログを書いていたら、雷がなって、そのあとに雨があがり、霧がやや晴れてきました。
夜空に星が見えたので、やはり霧の晴れたマンハッタンが美しいと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿