4/05/2009

マンハッタンの片隅から"Wrestling the Silk"


今日ニューヨークタイムズに着付け教室の記事が載りました。

1ヶ月半前に、コロンビア大学のジャーナリストを目指す学生さんが「取材をしたい」とのことで電話がありました。私は英語がまだまだ未熟なので、詳しい内容は兎に角「send me an Email」と言ってみました。直ぐにメールが来ました。地元の学生さんが興味を持ってくれたなんてとてもうれしくて直ぐにOKしました。
そして、3月のはじめに取材に来て下さいました。

着付け教室ではどういうことを教えているかを伝えるために、お客様への着付けの技術を習得しているお稽古を受けている人と、自分で着物が着られるようになることを身につけるお稽古に通ってくださっている二つのパターンを学生さんに見せようと思いました。その取材の稽古の様子として生徒様お二人がご協力いただけることになりました。

取材当日、先ず初めに教室に現れたのが、ニューヨークタイムズのフォトグラファーMasuikeさんでした。取材の申し込みをしてきたコロンビア大学の学生さんが現れる前なので、かなり驚きました。そして、コロンビア大学のジャーナリストを目指している学生さんEmilyさんと、Emilyさんの相方でビデオカメラの大きな機材をもって現れたのが、Andreasさんでした。そして、私の教室に通ってくださっている、今回取材にご協力してくださる生徒さん二人が現れ、とても賑やかになり、あっという間に4-5時間ほどの取材が過ぎて行きました。
とても楽しい取材でした。

取材を受けた時点では、記事が新聞に載るか載らないかは分からなかったのですが、
生徒様が協力してくれたことや、地元の学生さんが私のwebのページに気が付いてくれたこと、そしてニューヨークタイムズが興味を持ってくれたこと・・・、この取材を通して、いろんな出会いや希望にむかって皆で一つの心になれたこと・・・素晴らしいことだと思いました。
そして、取材のあとにEmilyさんからメールが来ていて「私は今とてもエキサイティングしている」と書いてありました。

そして、今日、ニューヨークタイムズに着付け教室の記事が載りました。
面白いタイトルです「シルクと格闘する "Wrestling the Silk"」
記事には、着付け教室の「Kimono Hiro in NY」とは書いてなくて、「Hiromi Asai」(浅井広海)と私のフルネームが書いてありました。宣伝広告ではないので、特に問合せ先も書いてなく、純粋にニューヨークでシルクと格闘している着物にまつわる世界観が書いてありました。
素晴らしい記事だと思いました。
通ってくださった生徒様皆様に心から感謝しています。

私の教室は、マンハッタンの一部分ですが、ルーズベルトアイランドという小さな離島です。マンハッタンの片隅で抱いた日本から持ってきた夢が、こうしてニューヨークタイムズの記事として形になって、とてもうれしかったです。
Emilyさん、ルーズベルト島の私の小さな教室に隠された夢に気が付いてくれて、ありがとう。

ニューヨークタイムズの記事
Wrestling the Silk (The New York Times April 5, 2009)

4 件のコメント:

  1. Yasuhiro Fujioka2009年4月5日 22:00

    はじめまして。
    大阪在住のFujiと申します。
    たいへん興味深く拝見しました。
    NYTimesの音楽欄は毎日ネットで購読していますが
    きもののVTは素晴らしいですね。
    ぼくも、きものでNY旅行をしはじめて
    かれこれ10年以上。(洋服を着て21年目)になります。
    是非、着物文化をNYにも。
    日本でも忘れ去られつつありますが(笑)

    是非、次回(GW期間中)NYで、
    何か行事が有りましたら参加したいです。

    返信削除
  2. こんにちは。
    京都で雑誌やウェブ制作をしているりんこと申します。
    着物のサイトを探していたらここへたどりつきました。

    NYからの目線、面白いですね。
    海外でも着物が取り上げられていることを
    とても嬉しく感じます。
    今、私は着物柄をあしらった名刺「和札」というものを作っているんですが、
    ぜひ見てみてもらえればと思います。
    http://www.wafuda.jp/
    海外から見た和札はどう映るのか・・・
    ちょっと知りたいです。
    また来ますね。

    返信削除
  3. yasuhiroさん、お返事を書くのが遅くなりましてごめんなさい。
    そして、コメントをいただきましてありがとうございました。
    男の着物も楽しまれてくださいね!

    返信削除
  4. りんこさん、先日は、リンコさんのホームページ拝見しました。
    メールを送ったときも丁寧に対応いただきました。
    blogへの返信が遅くなりましてごめんなさい。
    「和札」という発想すごいです!
    また、リンコさんのページよらせていただきますね。

    返信削除