4/24/2009

ルーズベルトアイランドに咲く桜

私が住んでいるのは、マンハッタンのすぐ隣ルーズベルトアイランドと言う小さな島です。
そこにはCherry Tree Walkと呼ばれる桜並木があります。この桜は日本から贈られたものです。
またクイーンズボロ橋近くの未だ咲いていない並木は八重桜で、もうしばらくしたら濃い赤の桜を咲かせるそうです。
写真は、今週の日曜日の桜を見に行ったときのものです。桜を見物している人たちは、日本人の人を普段より多く見かけました。
まるで日本からの便りのように感じられます。

この島は、ミステリアスな一面も持っています。マンハッタンの中心ミッドタウンから地下鉄でたった一駅のところにあるのですが、マンハッタンとは橋でつながっていません。そして、島の先端には、昔隔離施設だったという病院の廃墟があります。そして、この建物を保存しようと言う運動があるそうです。
この建物は「SMALLPOX HOSPITAL」と書いてありました。1856年に建てられ1950年まで実際に使われていました。この建物を建てた人は、ジェームス・レンウィックJrと言って、セントパトリック教会を建てた人です。

病院からも、この桜は見えたのかな?見えたらいいのになって思いました。



アパートの共用の庭からマンハッタンを臨む
イーストリバー沿いの桜が綺麗。

0 件のコメント:

コメントを投稿