5/02/2009

とってもうれしい日本からの便り

こちらニューヨークの私の着付け教室で、全国和装コンサルタント協会の2級講師の着付けの免状を取得した生徒さまが、1ヶ月前に日本にご帰国され、そして銀座のウェディングサロンに「着付けの仕事が決まった!」と本日メールが届きました!!うれしくて、とてもうれしくて。電話をかけようと思いましたが、今、日本は真夜中。改めて「おめでとう」メッセージを送ろうと思います。
その生徒様は、私のニューヨークでの仕事で着物スタイリストとして請け負った商業広告の着物の撮影の時に、着付けの仕事を手伝ってくださいました。ニューヨークの教室で育てた生徒様に私が初めて報酬をお支払いすることができてうれしかったことを思い出します。そして、アメリカの現地の人たちとご一緒する仕事の中で「着付けの技術」をクライアントやプロデューサーに仕事として認めていただき、撮影現場では、二人でそれに答えられるように仕事をご一緒いたしました。
教室に通い始めてくれるようになり数ヶ月の間でしたが、生徒様の支えもあって、ニューヨークでの仕事を超えられたことがいっぱいあったと思います。
日本にご帰国されても、着物の着付けの技術が仕事としてつながり広がってくれたこと、心からうれしく思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿