5/21/2009

京都から扇子が送られてきました。
はるばるニューヨークまで来てくれた扇です。

この扇は、宮脇賣扇庵というお店の扇です。 「宮脇の扇子を知らずして扇子を語るなかれ」と送ってくださった方が言っていました。
このお店は、文政6年(西暦1823年)に屋号を近江新兵衛として京都に創業し、180余年の歴史・伝統を受け継いだ扇の老舗です。店内には、重要文化財指定の「天井絵」があります。
創業の文政6年は江戸時代です。その時代から工芸品としての「飾り扇」の創案をし、時代時代に合った多彩なオリジナル画など、その伝統の継承、受け継がれた意匠と技術、今もなお褪せることなく活き活きと続いています。

「扇子は八十七回、職人の手を通る」と、言われているそうです。
扇子は、それほど細かな作業の積み重ねによって完成にいたり、近代的なオートマチック生産や工業化は馴染みません。熟練の技術を身につけた職人とその技の伝承が必要不可欠ですが、「宮脇の扇子」は、まさにその歴史の積み重ねのうえに出来上がる至宝のような扇子だといえます。

全ての製品は「宮脇賣扇庵」にて自社製造しています。
この桃色の扇子は、華染扇(京北山杉染)です。自社製造だけではなく、原材料も生産地である京都の自然の染料にそめられ作られた扇子です。

「物作り」というのは、その地域の風俗(生活スタイル)と時代の鏡だと思います。それが時代を超え着物や扇などに伝承の技術が残され、新たな時代に合った発展を重ねて後世に伝えられていくのが「匠」のなせる技なのでしょう。

京都、宮脇の扇子から流れる風で、ニューヨークで涼めるなんて、贅沢すぎるような気がしました。

宮脇賣扇庵 http://www.baisenan.co.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿