8/23/2009

アメリカの撮影現場、伝えること難しい


この写真は、3月に参加したアメリカの最大手携帯電話会社Verizon Wireless撮影現場です。
先日、ある人から撮影現場の写真がいくつか送られてきました。自分の仕事現場の写真を見るのは初めてで、嬉しかったです。

ここで撮影したVerizonWirelessの広告は、今では、新聞The Wall Street Journalをはじめとして、各雑誌、またサンフランシスコ空港やニューヨークのニューアーク空港でポスターがでているそうです。
友人から、「ポスターが出ていたよー」と、写真付きでメールを度々いただき、とても嬉しく思いました。
この撮影では、私のニューヨークの着付け教室に通ってくださっていた生徒様の一人が手伝ってくださいました。生徒様は、撮影後直ぐに日本にご帰国されてしまいましたが、日本では銀座のウェディングサロンで着付けの仕事が決まったなど、朗報がありました。

そして、その写真を見ながら、撮影現場でのことを思い出してしまいました。
この撮影ではスタッフ全員がアメリカ人なので、着物の「着付け」という技術の概念がないためなのか「着付け」をフィッティング程度にしか認識されていませんでした。撮影前にプロデューサーに「着付け」について説明はしていましたが、それでも、15人ほどの着付けを「30分以内に済ませて欲しい」など現場で言われました。「そんなこと無理」と言いながらも、兎に角、着物の着付けをしながら、出演の俳優さんたちには、着付けが終わった順にスタジオに走って駆け込んでいただきました。かなりドタバタな撮影現場でした。

そして、撮影が終わりホッとして、もう広告になるのを待つだけと思ったら、なんと、出来上がったポスターが編集の過程で、一部の着付けが画像ソフトで鏡像という処理(鏡に映った状態)、すなわち衿の合わせが左右逆になって編集をされてしまったというハプニングが起こりました。
出来上がったポスターを見ていてはじめは何だか変だなと思ったのですが、しばらくして急にアッと気がつきました。慌ててプロデューサーにメールをすると、30分以内に電話がかかってきて、「こんな小さなこと誰も気がつかないわよ」と言われてしまいました。そこで、着付けというのが歴とした職業技術として存在し、正しい着付けの技術を編集作業で変えられることによって、誤った着物の着方がポスターになるのは、とてもシリアスな問題であると言うことを繰り返し説明しました。そして衿が逆になっていた振袖は、万が一着付けが間違っていると柄が出てこないため、自分が間違った着付けをしていないことは物理的に証明出来ることなどを説明した上で、先ず、編集によって衿の左右を逆にされてしまったことをプロデューサーに理解していただき、正しい衿合わせがどんなに重要であるかの説明をいたしました。真剣にうったえる私に、プロデューサーも問題をとても真摯に受け止めてくれて、スポンサーに修整の時間をいただくように御願いしてくれました。最初、スポンサーは、「既に印刷作業に入っているため、今から修整すれば、広告の告知の日をずらさないといけないなど多額の損失がでる恐れがあるため、修整は難しい」と取り合ってくれなかったようです。それでも、プロデューサーがスポンサーに直接説明に伺ってくれて、編集作業によって変えられた部分に関し修整の時間をいただけることになりました。
その後、私も、参加してくれたスタッフ皆様も、徹夜で修正作業をやりました。

実はプロデューサーにメールを書いたときに、既に出来上がったポスターなので修整はしていただけないと諦めていました。ここはアメリカだし、「こんな小さなこと誰も気がつかない」で話を終わらされてしまうかと思っていました。ここまで真剣に問題視してくれて、対応くれたことはまるで奇跡のように感動しました。
編集の過程で鏡像にされてしまうとは想像も出来なかったとは言え、私が英語を流ちょうには話せなかったので、アメリカ人の視点にたって日本の着物について伝えなくてはいけないことを伝えきれていなかったことを痛感しました。
いろいろあったのに最後は、「本当にありがとう」とプロデューサーさんが私に言ってくれました。
プロデューサーさんのほうがスポンサーなどに怒られて大変だったと思うのに、ジンワリ感動が胸に込み上げてきました。
そして、こうした人たちと、ご一緒に仕事が出来た巡り合わせに感謝しました。
その時の撮影現場の写真が、今頃になってですが届き、もう5ヶ月もたちますが、3月での撮影現場のこと、その後の修整のアクシデントのことなど、思い出してしまいました。
撮影現場での写真をいくつか添付します。
素晴らしい方たちとご一緒出来た時間でした。

*全ての着物を準備、そして、着付けて、現場で走って・・・。
ブレた写真だけど、撮影現場の自分の姿を見るのは初めてで、とても良い記念になりました。

1 件のコメント: