9/27/2009

彼から彼女のために結ぶ帯結び


オハイオ州に住むアメリカ人の方が、ニューヨークに来る用事があるとのことで、ニューヨーク滞在中、着付け教室のお稽古を受けたいと問い合わせがありました。
その方は、2年間日本に住んだことがあり、着物を着たことの経験はあるとのことでした。着付けのハウツー本も買って自分一人で着物を着ることにトライをしてみたこともあったそうですが、なかなか思うに(本のようには)着られなかったそうです。

メールでの問い合わせ内容には、自分が着物を着られるようになれるレッスンを受けたいことと、もう一つ、ふくら雀も結べるようになれるレッスンを希望してきました。
ふくら雀は、一人で着られるようになることは非常に難しく、人への結び方を習得するのなら可能かもしれないことを言ったら、なんと、自分のboyfriendに「ふくら雀の帯結びを教えて欲しい」との希望でした。

レッスンの当日、本当にオハイオ州から来てくれました!
先ずは、1時間30分、彼女自身が自分で着物を着られるようになるようにレッスンをしました。何度か自分でも着物を着られるようにトライをしてきたことがあるのか、ポイントを教えれば、覚える飲み込みが早かったです。ただ、帯び結び、特に名古屋帯で一重太鼓を自分で結べるようになるには、悪戦苦闘していました。
そして、少し休憩をとったあと、2時間弱ほど、彼女のboyfriendに、ふくら雀の結び方を教えました。彼女が振袖に着替えて練習台になってくださいました。

男の人が帯を結ぶってとても格好いいですね。まるで男衆(舞妓さんなどの着付けをする男の人)みたいでした。男の人は力があるのか、私の場合、腕力だけでなく胸など自身のボディーを使って帯山の形が崩れないように帯枕を押さえて、帯枕の紐を結んだりしますが、その彼は腕力だけで帯山に当たる形作りを綺麗に作れてしまいます。
なんだか少し悔しいですが、男性の腕力は帯結びにはとても適しているのだなって、間近で見ていて思いました。たしかに江戸時代、歌舞伎役者の女形・瀬川路考が舞台で文庫を結んでしまったら解けてしまい急いで手先で結びを締めたら、今で言うお太鼓の形になった(路考結び)、そのような歌舞伎の所作から発展した帯結びと言う側面も兼ね備えていることを考えると、女形が長く重たい帯を、紐を結ぶかのごとくに立ち回りをする姿は舞台映えしたことと思います。帯が、そこから来ている長さと重厚感であるとすれば、男性が結ぶ姿は様になるのも頷けます。

写真は、彼が、彼女ために結んであげたふくら雀です。また、緋扇(相生)も教えてあげようと思って、私が作ってみたら(前回のブログ「婚の装いに想いを込めて」の相生の写真はこのときに作ったものでした)「バランスをとるのが難しそう、ふくら雀だけで今回は大丈夫です」とのことでした。立て矢系は、とても難しく見えたそうです。
レッスンのあとのお片付けをしているとき、彼は腕や手の指先を動かしていて、帯結びの所作(技術でなく所作という感じに見えました)を復習していました。

昨日、二人からお礼のメールが届いていました。オハイオ州の家に戻って復習をして、着物を着られるようになってきたことと、また更に帯結びを習得したいとのこと。
男の人が彼女のために帯結びを覚える、素敵ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿