10/31/2009

日本の雑誌からの取材を通して

日本の着物の雑誌「月刊アレコレ」からの取材の申し込みがあったのは、8月のことでした。
見本誌として送られてきたのは、小さな可愛い小冊子でした。
でも、その小冊子の中に出てくる内容の充実さには大変驚きました。池田重子さんの着物のコーディネートは斬新で、とても先を行っている感じがして、でもしっかりと脈々と受け継がれた着物そのものを感じるベースが静かに存在していました。そして、着物の職人さんたちの仕事、そして、こよなく着物を愛する人たちの情報が、沢山詰まっていました。
この雑誌の11月号「きものびと 十人十彩」コーナーに登場させていただくことになり、とても嬉しく、また、大変恐縮にも思いました。
編集長の細野さんから年内に日本への一時帰国があるか聞かれましたが、今のところ帰国を予定していないことを言うと、現地取材という運びになりました。
私の知り合いのNYのフォトグラファーの野口さんを細野さんに紹介いたしました。偶然なのですが、野口さんは日本の雑誌社からの依頼で、NY現地の写真を撮っている経歴も長く、とても話がスムーズに早くすすみました。
そして、9月5日のまだ夏の暑さが残る中、11月号向けに、袷の着物でニューヨークの五番街で撮影をしました。以前にもブログで紹介しましたが、この着物は、城間栄順作、琉球紅型の訪問着です。
この着物の色ですが、光により色の印象が変わります。写真で見ると、真朱色ですが、室内で見ると「深緋(ふかひ・こきひ)」色です。太陽の光が当たると、やはり艶やかな明るい「真朱」色に見えます。
深緋は「日本伝統色・色名事典」によると、茜に紫草を加えて黒紫みをもたせた濃い緋であるとのことでした。 飛鳥・奈良時代、最高位は紫で、次に緋色でした。(緋色は、褐色味の赤色といった感じです。)その間の色にあったのが、深緋で、官位四位を表す袍(ほう)の色とされていました。
地紋も細かく入っていて鞘四釜、布地は丹後縮緬の緞子です。
城間栄順さんの作品は、裾元から凜とのびる美しい花と、肩からはしなやかに枝たれ、そこに色彩豊かな愛らしい花々。
NY五番街のティファニー前で、この着物を着ての撮影が出来るなんて、こうした機会でもないと、ありえないことだと思いました。
そして、私の着付け教室のレッスン風景も撮影しました。
こちらの写真が、雑誌掲載に採用されなかったレッスン風景の写真です。生徒皆様真剣です。

今回の撮影に協力してくれた私の着付け教室の生徒さんたちに「このまま着物を着て、街を練り歩こう!」と言うことになりました。

先日、NYに月刊アレコレの11月号が届きました。
「きものびと 十人十彩」は3ページもありました。NY五番街でボーと立っている私の姿の写真と、撮影協力してくれた生徒さんたちと街を練り歩いた時の写真が載っていました。
急に思いついての着物を着ての4人で街の散歩(なかなか迫力が出るものですね)。撮影の範囲に入っていないと思って、皆様もリラックスして楽しんでいました。そうした時の方が、自然で、着物も様になって、とても素敵な写真でした。
また、記事の内容は、私が全米一位の携帯電話会社での広告で着物スタイリストをしたときのエピソードが書いてあります。
是非、月刊アレコレで見てくださいね。

今回の取材でご協力してくださいましたのは、フォトグラファー野口正博さん(Masahiro Noguchi)です。 ありがとうございました。

そして、撮影ご協力、皆様、ありがとうございました!!

0 件のコメント:

コメントを投稿