11/16/2009

伝えていきたいこと

大島紬を通して、前回のブログに載せた素敵なビデオに出会い、まわりくどいかもしれませんが、
「伝えたいこと」「受け継がれたい”技”」について考えました。

先日、私の記事が載った雑誌「月刊アレコレ」が休刊になりました。私はその雑誌の「きもの人 十人十彩」という欄に載せていただきました。
月刊アレコレの編集人である細野様から「かたちを変えて何らかの発信はしていきたいと思っています。」の一言に、胸が詰まされました。

伝えたいことがあること自体、素敵ですし、それを発信し続けること・・・とても大切だと思います。

私も伝えたいこと・・・いっぱいありますが、着物は、文化が凝縮されていることもさることながら地域性の特色もあって、着付け教室に来る生徒様に伝え方について迷うことが多々あります。家紋にしても関西と関東での解釈が違ったりして、でも、紐解いているときがとても楽しかったりします。そして、着物一着の中にもいろんな文化や地域の特性が沢山含まれていて、知れば知るほど尽きない世界があります。

前回のブログで紹介したビデオにあるように、多くの職人さんにより作られた「着物」の技が後世に良い形で受け継がれていくことを願う気持ちを底辺に持ち続けて、「着物」を海外の地からですが、伝えていければと思っています。

大島紬に焦点を今回はおいて、日本の技の素晴らしさを少しでも伝えることが出来ればと思いましたが・・・その技法の素晴らしさを書いて表現することは難しいものですね。

お勉強ノートのようになってしまいますが、引き続き大島紬を書きたいと思いました。

月刊アレコレ、今は、また次に出会うまでのお楽しみの時間をいただいたのだと思っています。
また、会えますように。

0 件のコメント:

コメントを投稿