2/28/2010

撮影は楽しい

今月3月に作品作りの撮影を控えております。
広告の撮影の時に知り合ったメイクアーティスト(ヨーロッパのファッションをはじめNYで活躍中)の方とご一緒に作品作りです!今から楽しみです。

昨年の11月にKDDIアメリカモバイルの広告で着物スタイリストをしました。
元モーニング娘の加護亜依様が広告のイメージキャラクターでした。写真は、その撮影の時の写真です。こちらのショットは、既に広告になりました。加護様の横に座っているのが私です。

加護ちゃんの愛称で人気を博するだけあって、お目にかかった時に、その存在感の強さに胸が高鳴りました。
ニューヨークには180cm以上の長身のモデルさんが作品作りの時に協力してくれたりと、世界のトップを目指している長身のモデルさんが沢山いらっしゃいます。こんなに素敵なモデルさんたちをつかってテスト撮影が出来るなんて夢みたいだなーと一昨年は思っていましたが、やはり人気歌手・俳優さんの存在感はずば抜けたものを感じ、この撮影を通し、ハリウッドの俳優さんに着物をスタイリングする機会に恵まれないかと心から思いました。

こちらの写真は、今年1月に、私のwebページ作成のために撮影している時の写真です。

モデルとしてご協力してくれたのが夫の職場の女医さんたちや私の仕事をサポートしてくれているEmikoさんの友人である弁護士や広告会社に勤める方たちです。

いろんな分野の第一線で活躍している方たち、着物は、その各々の個に秘められたものを引き出し強く美しく表現できてしまうのですね。彼や彼女たちが日本人でないことを忘れていたぐらいに、自然とした着姿に着物をスタイリングできてちょっと自分で感動しました。
Emikoさんが、「それが着物だもの」と言った言葉が印象的です。

写真を撮ってくれたのが、写真家の野口正博さんで、私が昨年、日本の着物の専門雑誌から取材を受けたときに、撮影をしてくれました。それが縁で、今回改訂したwebページの作成の時に、撮影をお願いいたしました。
野口さんの写真には、とても温かいものを感じます。
撮影は、本当に楽しいです!不思議と、楽しい撮影ほど、良い作品が出来たりするものですね。

こちらの写真は、私の仕事のサポートをしてくれているEmikoさんと私とで、モデルさんに補正するための晒しを作成しているところです。スタイルが良いのですが、兎に角、凹凸をなくすために晒しを彼女たちのボディーに巻きました。

皆様とご一緒に、楽しい撮影でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿