6/29/2010

ロータリークラブウォールストリートで着物のスピーチ

ロータリークラブウォールストリートで着物のスピーチをしました。スピーチをしたのは、6/16で、もう、10日以上も経つのですね。
その6/16は、150年前、日本から遣米使節団がニューヨークに初めて来た節目の150年を記念する日でした。その日を、ブルンバーグニューヨーク市長が日本の日として、エンパイヤの灯りが日本の国旗に彩られました。

そんな記念すべき日に、ニューヨークのロータリークラブウォールストリートで着物のスピーチをする機会に恵まれ、偶然のこととは言え、大変光栄に思いました。
先週、クラブから記念の盾が贈られてきました。黄金の色の箱に入っていて、箱を開いたら丁寧に紙に包んでありました(写真)。そして、手紙もそえられていました。

スピーチ当日は、いつもとは違った指向とのことで、会場にワインにチーズと言う組合わせが置かれるとのことでしたが、それに加えて、会場に巻き寿司と日本のビールもおいてくれました。会場は小さなところでしたが、満席で立ち見が出るほどにスピーチを聞きにお越しになってくれました。

スピーチ内容は、着物の歴史・変遷、今の着物の現状と、着物産業の問題点、今後への課題と、私が世界へと向けて着物をNYから発信していきたいと思った理由。47枚のスライドでお話しさせていただきました。
今回、このようなスピーチをする機会に原稿をつくり、着物は世界へと発信していくべきだと強く思いました。でも、同時にそこには大変に難しい大きな壁があることも痛感しました。

英語での30分近いスピーチは大変でしたが、スピーチが終わった時に拍手をいただき、その後にもいろいろ質問をいただき皆様の関心が深まったこと、着物の素晴らしさや気持ちが伝わったことが何よりも嬉しかったです。

次世代へと継げる物が作り続けられるように、世界を巻き込まないといけないと思っています。一人では何も出来ないことですが、でも、はじめの一歩がないと何も始まらないとも思いました。
ロータリークラブウォールストリートにはクラブに所属している現地アメリカで活躍している方たちがお越しになってくれました。アメリカ人からヨーロッパ、アフリカの方たち多くいました。そして、その中に一人日本人の方がいて(その方が今回の件をお声をかけてくれました)私のスピーチに、「着物の歴史がこんなに深いとは思わなかった、もっと着物のことを知りたいと思いました」と、お手紙をいただきました。

反響は思うほどには直ぐには表れるものでもありませんが、大きな一歩を踏み出したと思います。
そして、会場の皆様の反応に、着物は、世界のファッションとしても発信できる無限の可能性を秘めていると確信しました。

Rotary Club of Wall Street

0 件のコメント:

コメントを投稿