6/08/2010

Japan Dayセントラルパーク サムライパレード

Japan Dayセントラルパークというイベントが6/6にありました。
そこで、150年前に遣米使節団の77人のサムライがニューヨークを行進したとのことで、それを再現するパレードが行われました。

サムライパレードは、正使・副使・目付のメインの3人を先頭に、鍋島藩大名行列推進委員会の野中理事長が率いる50名のサムライがセントラルパークを練り歩くと言うものでした。

私は、正使・副使・目付の3人の時代考証と着付けをいたしました。
時代考証では、ニューヨークシティーミュージーアムに保管されている資料のコピーですが、見させていただく機会に恵まれました。
150年前のお侍さんは、とても派手な袴を着ていました。そして、身分が高い人ほど、白い衿と白い雪駄・・・3人の正使・副使・目付は、やはり白色でした。

写真は、ニューヨークシティーミュージーアムで資料閲覧させてくれたKathleenさんとご一緒に。Kathleenさんありがとうございました。


今回、鍋島藩大名行列推進委員会の野中理事長が率いる50名のサムライの着付けを担当してくれたのが、私の着付け教室の生徒さんたち7名です。

Japan Day前日の6/5に7名の生徒さん皆様と、当日にむけての準備と着付けの復習をご一緒にしました。

その準備の時の写真です。生徒さんたち同士で着付けをしているところです。

6/6、Japan Day当日、雨の予報にもかかわらず、晴天でした。
私の着付け教室に通ってくれている、美容師の泉水さんが、私が担当する正使・副使・目付のヘアセットをしてくれました。そして、私のアシスタントとして、着付け教室の生徒さんの一人が当日大変に助けてくれました。

アシスタントをしてくれた生徒さんが「袴が派手なのですね」と言うので、そこがポイントであることもお話をしました。

今回のお侍さんの着付けでのポイント、武士の決まりである刀を2本差しするため、角帯は3回りすること、そして、今馴染みである白黒のストライプの袴は、150年前にはそうした決まりの柄が着用されることはなく、とても柄や色彩豊かな派手な袴を着ていたこと。そして、中級~下級武士は、脚絆(黒色)を着用していたのですが、高い位の武士は、白の鼻緒の雪駄、白衿でした。

しかし、今では刀を2本差しすることが想定されていないのか・・・角帯が3回り出来ませんでした。それとも、帯の長さは変わらないけど、昔の人が痩せていたのかなって思いました。

もっといろいろ考察ポイントを上げたいのですが、それは改めて詳しく書こうと思います。

無事、6/6Japan Dayセントラルパークでのサムライパレードが終わりました。

生徒様たちとご一緒出来たイベント、本当に楽しかったです。

当日の50名のサムライパレードの着付けをしている様子です。









50名のサムライパレードを担当してくれた7名の生徒さんたち










正使・副使・目付の三役のヘアセットを担当してくれた着付け教室に通ってくれている生徒さんで、美容師の泉水さんです。
 当日アシスタントして、私を助けてくれた生徒さんです。西宮大使が足袋をはくところの写真です。
御三方の正使役NY領事館西宮大使と、米国三菱商事の小松社長と、米国三菱商事の和光様と、サムライパレードスタート地点に行く前の最終チェックしているところです。

鍋島藩大名行列推進委員会の理事長の野中様が先頭を歩いています。御三方(正使・副使・目付)をお守りする気持ちで行進してくださいと話してくれました。

こちらの本が大変に参考になりました。当時の御三方の凛々しさ、NYの地で再現出来たこと、嬉しかったです。

ご協力してくださいました生徒さんたちお疲れ様でした。心からありがとうございました。
ご一緒出来て、とても楽しかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿