9/26/2010

アート系の撮影

昨日の土曜日にWilhelmさんと言うフォトグラファーさんにお声をかけていただき、スタイリストとして、作品撮りの撮影に参加しました。
Wilhelmさんは、American Expressや車のBMWなど(他多数)大手企業広告を撮影しているフォトグラファーでアメリカとドイツで活躍しています。翌日も、Virgin Atlantic航空の撮影を控えているとのことでした。

アート系で表現をしたいとのことで、洋服に帯という組合わせで、そして、コンセプトは、「お菓子のポッキー」です。
言われるがままに、洋服に帯を結びました。そして、「Hiro、はじめはトラディショナルに撮影していきたいんだ」と言ったので、頭の中がハテナマークでいっぱい・・・。既に、トラディショナルではないのですが、モデルさんの髪形もロングヘアにパンダのお耳のようなものが付いていて、「トラディショナルに簪をさしていきたいんだ」と、またまたおっしゃるので、また私が静止していると、「Hiroに任せる。でも、はじめはトラディショナルに・・・」と言いつづけていました。
この写真がフォトグラファーさんです。

ワンショット目の撮影が終わると、「OH、Hiroの発想はクレイジー」と良い意味で、お褒めをいただきました。うーーーん、言われるままにやっていただけなのだけど。。。

着物を撮影で使いたいと言うと、着物はテーマ性が強く、どうアレンジしてもそのもの「着物」が強く表現されてしまいます。今回のように、「洋服と帯」とかどこかしら和の要素が含まれても「あっ、帯を使っている」「着物をこんな風に使っている」と主役を奪われてしまいます。でも、彼の表現の大らかさと豊かさで、どこか、その着物のテーマ性を越えられる何かしら光るものを感じる感性を持っているフォトグラファーさんだと思いました。出来上がりの作品が楽しみです。

パソコン上で修整がいくらでもきく今ですが、それでも、洋服の裏地が少し1mmほど見えていただけでも、気にしていた姿にとても感動しました。そのものに入り込む気持ちの強さがすごいと思いました。
白いセーターを着ているのが私です。この写真は、即興で、オブジェのように帯結びをつくっているところです。どういう風に写真の作品となっていくのでしょうか?楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿