10/30/2010

ニューヨークの秋に思うこと

ニューヨークでの紅葉も綺麗です。
夏が終わるとアッという間に冬になってしまうので、秋を感じることがなかったのですが、一昨日は15度から20度ぐらいに気温も上がり、日本の秋のような気候を感じておりました。
とても過ごしやすい日が続きました。

イギリスの新聞テレグラフに10月23日付けで、「着物をつくることその物が死にかけているアートである」との内容の記事が出ました。http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8082875/Kimono-making-in-Japan-is-a-dying-art.html
日本国内での、着物の作り手が高齢化していることや後継者がいないことへの危惧が書いてありました。

次世代へと繋げる、継承して行くにはどうしたらいいのだろうと思います。

私は、アメリカの2か所の美術館で着物のワークショップや、ウォールストリートのロータリークラブでスピーチをしたことがあります。着物が世界に認められるファッションであることが大切なのではないのかと思っています。
危惧されていることへの解決策に繋がっていることなのか分らないのですが、ニューヨークから世界に向けて着物を発信しつづけたいと思いました。

ユニクロの創業者の柳井さんが書いた本のタイトルが目に飛び込んできました。
「一勝九敗」
あれだけの方でも、九敗あっての一勝なのだと心を打たれました。
私は、九九敗して一勝を得るぐらいの心持ちで頑張って行きたいと思いました。

1 件のコメント:

  1. Hiroさんの足元にも及ばないのですが、私もCTで着物を積極的に着ています。子供の学校のイベントや主人の仕事関係のパーティ、私の趣味の場で・・・
    そしていつも着物に助けられています。英語があまり話せなくても、とりあえず場がもつというか・・・着物をきっかけにたくさんの人が声をかけてくれます。そして日本人の人たちからは、『私も日本から持ってきた着物着てみようかな。』とか『浴衣送ってもらおうかな』とか、みなさん自分の着物を思い出されるのです。これも小さな一歩であってほしいです。
                鷺娘

    返信削除