5/16/2010

撮影が続きました

4月から5月にかけて作品撮りの撮影が続きました。

ご一緒したフォトグラファーさんが、表現したい方向が皆様違っていたので、その都度いろんな発見や、これからの課題、そして、自分の表現についての挑戦したいことの焦点も定まっていくものでした。

作品撮りの撮影を重ねる度に、まだまだ入り口にいるような錯覚に見回れます。
まだまだ出し切れないほどの、着物の強さに自分の表現したいことが追いついていない感覚です。

伝統が折り重なった今に通じる濾された洗練さが凝縮して、そして、人が着てこそ成り得る世界観が、空間と調和して作られ、着物の表現がさらに広がっていきます。そこに、自分らしいスタイリングの表現を出していくことに、高い垣根を感じることがあります。

「着物だけで、ドラマがあるから」と、アフリカンアメリカのフォトグラファーさんに言われて、何度も話し合いながら、写真を撮っていきました。

「着物」には「ドラマ」が存在している、まさにそうだと思いました。

今回作品撮りに参加してくれたモデルのsarahさんは、アメリカで人気テレビ番組「アメリカントップモデル」で話題になった方でした。
とても冷静で魅力的な方でした。












ヘアアーティストやスタッフの方たち、とても素適な方たちでした。また、近いうちにご一緒に。。。

5/15/2010

プロムへの夢

プロムに参加する高校生から、「着物を着て行くことが夢」と、電話やメールで問い合わせがありました。フィラデルフィアからでした。
御母様からもメールをいただき、正式にご依頼を受ける形になりました。

ニューヨークシティーから急行のアムトラックで1時間10分のところ、普通電車では2時間30分ほどかかるところにフィラデルフィアがあります。

フィラデルフィアの駅に到着すると、駅のホームで高校生の御母様と、ご本人の高校生が「Hiro」と掲げた大きな紙を胸元に持っていて、団体旅行をしたときのことを思い出してしまいました。

その高校生の女の子は、日本のアニメがきっかけで、日本にとても興味がわき、日本語教室に通い、テレビも日本の番組と歌しか聞かないと話していました。
将来は、日本で働きたいと話してくれて、その溢れるほどの日本への熱い思いがありました。

家に着くと、高校生の祖母や御父様もいらっしゃって、そして、彼女の日本語の先生まで見学にいらっしゃっていました。
彼女に日本語を教えている先生は、日本人の方でした。「ニューヨークから着付けをする人を呼ぶと言う発想が浮かぶことに、私は驚いたの」と日本語の先生は私に話してくれました。

ニューヨークシティーとフィラデルフィアは距離にして東京と名古屋ぐらい・・・、私が高校生の時に、卒業式パーティーに出席するのに、着ていくドレスや着物をスタイリングしてくれる方を遠方から呼ぶと言う発想は、確かに、それさえも浮かばないことだったかもしれません。

着付けと言う仕事がアメリカ人の高校生の「着物を着てプロムに行くことが夢」へと形にしていける橋渡しになったこと、素適なことだと、仕事を終えて思いました。

彼女からビーズを付けて欲しいと言われて、帯揚げの上につけてみました。彼女のイメージするスタイリングをしていくこともとても楽しかったです。
御母様が、「娘の願いを叶えてくれてありがとう。Hiroは着物のスタイリングを現代的にも スタンダードな古典も両方できるのね」と言ってくれて、その一言が嬉しくて、その時期、法人設立の手続きをしていたところだったので、社名を「Mode & Classic」に決めました。

アメリカの高校生の夢を形にしたときに浮かんだ社名、私も、夢を形にしていこうと、その決意や想いが漲った瞬間に感じました。

*写真は大量のビーズの登場で、どのようにスタイリングしようかと考えているところです。