1/27/2011

アメリカのブライダル雑誌で着物のスタイリング

アメリカのブライダル雑誌から着物のスタイリングをしてほしいと依頼があり、昨年の8月に撮影がありました。その仕事で私が着物のスタイリングしたものが載った雑誌が、先日(1月25日)に発売されました。

着物はWAFRICAと言うブランドの着物です。
WAFRICAは「和」と「アフリカ」の融合した感性が取り入れられている着物で、着物デザイナーのセルジュ モアングさんの作品です。

アメリカのブライダル雑誌に「着物」が登場すると言うのは、ファッションとしての新しいトレンドが始まる予感がして、このような仕事ができて嬉しかったです。
Googleニュースにも載りました。ニュースに載った記事はこちらです。
雑誌には、自分が着物のスタイリングしたものが5ページほど載っていて、ファッションとしての着物の提案を形に出来たことが嬉しかったです。

出来上がりの写真は美しいのですが、撮影現場は大変でした。
雑誌社のスタッフの人たちは「着物」の着付けについて服のフィッティングにしか思っていなかったようで、タイムスケジュールを見ると、ヘアやメイクの人たちの時間は用意されているのですが、着付けの時間が入っていませんでした。着物の着付けには時間がかかることを伝え、撮現場入りの時間を早めていただきました。
しかし、撮影現場に行くと、モデルさんが到着していない・・・。ウェディングドレスのスタイリストさんたちが、ドレスにスチームアイロンをかけている姿を見て変な胸騒ぎ。
雑誌社のスタッフは、モデルさんが着る前段階の服の準備に時間が欲しいと思ったようで、モデルさんに着付ける時間そのものが必要であることが伝わっていませんでした。
用意されている着物を並べ、皺を伸ばしても15分もかからず、モデルさんが到着しないと着付けがはじめられないため、早くに現場入りしてもなんの意味もありませんでした。
アメリカ人だけしかいない環境で、一から仕事をしに行く時は、このようにこちらの主旨が上手く伝わっていなかったことが少々起こります。

モデルさんが到着してからはドタバタ劇のような状態でした。ヘア&メイクを担当する人と、モデルさんの取り合いです。私がモデルさんに着付けていると、ヘア&メイクを担当している人が大声で怒鳴っていましたが、聞こえない振りをしつつ着付けを続行、お互いに時間が欲しいので、仕方がないですよね。

でも、次々着付けをしていくと、スタッフの人たちが何となく「着物には着付けが必要なのだな」と分かってくれる雰囲気になり、撮影が終わる頃には「Good job!」と言われ感謝されていました。

その時のことを覚えてくれていたのか、雑誌には大きく名前が載っていました。
「着付け」が言葉のコミュニケーション上では上手く伝えられませんでしたが、仕事を通して伝えられたこと、私も新しい発見でしたが、きっと、雑誌のスタッフの人たちも新しい発見だったと思います。

そして雑誌が発売されました。雑誌を通し新しいトレンドが始まることを願っています。

1 件のコメント:

  1. 今、日本ではFOXチャンネルでAmerican Next Top Model があっていて、ヘアメイクさんや、スタイリストさんがモデルさんにバタバタやっているのをよく目にします。
    本当に現場はそんな感じなんですね!
    それに、ウエディングドレスより、着物の着付けが時間がかかるものと海外ではよくわかっていないものですか?
    これからもがんばって海外に着物文化を発信していってください!
    写真、すばらしいです。

    返信削除