2/27/2011

「美」を「芸術」にする難しさ:ローリーの作品作りに携わって

ニューヨークを拠点にフォトグラファー・アーティストとして世界的に活躍する、ローリー・シモンズ(Laurie Simmons)さんの「ラブドールday1-30」と言う展覧会がNYのSalon94で開かれております。「ラブドールday31」として「Geisha Song」と言うショートフィルムの作品がスペシャルバージョンで作られ上映されております。
この作品「Geisha Song」で、私はラブ・ドール(人と等身大のお人形)に「ゲイシャ姿」を作るため、全体のコーディネートと着物スタイリストとしての仕事を担当いたしました。コスチュームとしてのクレジットネームをいただき大変光栄でした。

ローリーシモンズさんから仕事のご依頼があった時に、「ゲイシャ姿を作って欲しい」とのことでしたが、こちらニューヨークでは、時々「着物姿」のことを「ゲイシャ」と呼ぶ方がいるので、「普通の着物姿なのか?」「芸者さんの姿を再現したいものが作りたいのか?」いくつか疑問点がありました。ローリーさんのイメージを大切にしたかったので、お話しをうかがうと、京都の舞妓さんや芸妓さんにやや近いイメージがあることが分かりました。
彼女のこだわっていた点は白塗りと簪。撮影当日は、私が持っている日本舞踊などで使う化粧道具(日本製「三善」)を、今回の撮影のお手伝いいただけることになったメイクアーティストの本田さんに使っていただきました。簪は京都の人に頼んで仕入れていただいた京都祇園「金竹堂」の羽二重(絹)から作られた簪です。
着物にもこだわり、紅色と黒の染めの中に、豪華に「向かい松喰い鶴」の柄が金糸刺繍されております。また、金箔の松葉丈が地紋のように全体にふりそそいでいます。

今回の作品を昨日ギャラリーで見せていただきました。その芸術としての完璧なまでの素晴らしさに驚きました。ご一緒に見に行った人が「着物があまり写っていないのがガッカリするね」と言っていたのですが、「逆にそれが良い!」と私は思いました。これはあくまでもローリーの芸術作品であって、着物のカタログを作っている訳ではないのです。
画像は写真の通り、肩から上ですが、こうしたフォーカスされたところだけを描くことの方が無駄に思える全体像が必要なのです。ラブドールに足袋まで履かせ草履まで用意いたしました。シリコン材質で作られているラブドールは45kgほどの重さがあり、正座の形を作るのも大人3人がかりでかなりの力がいりました。画像のうつっている範囲でいうと、ラブドールが正座しているのかさえ分からないのですが、私には正座した時に自然とかしげる首筋や肩の輪郭から正座姿がしっかりとイメージ出来ます。

茶道の美意識に通じる物を感じました。
いつかの茶席で師からいただいた言葉に「見えないところほど大切」と、そのお言葉が胸によみがえりました。
美しい朝顔を求め、邸内の一輪以外の全ての朝顔を刈ってしまう利休の世界観を一瞬感じたほどです。その一輪はそうした世界が存在しないと利休の求める美しさに到達出来なかったのだと思いました。
芸術として完成させるには、「見えないところほど大切」そういうことなのだろうなって改めてローリーの作品の仕上がりを見て思いました。

昨日、ローリーシモンズの「Geisha Song」の作品の素晴らしさに感動したことをローリーにメールで送ったところ、ローリーから直ぐに返信が来ました。
恐れ多くもローリーさんと心が通じ合えたように思えた素敵な「時」でした。

*このショートフィルムを含めてローリーの今回の展覧会のことはアメリカ各紙で取り上げられております。
ニューヨークタイムズ
http://tmagazine.blogs.nytimes.com/2011/02/21/artifacts-laurie-simmonss-love-doll/

大人3人がかりで形づくった正座姿。

0 件のコメント:

コメントを投稿