4/27/2011

スウェーデンのテキスタイルデザイナーとの出会い

スウェーデンのヨーテボリーは北欧5番目に大きな街です。イベントのあった翌日、ヨーテボリー大学に訪問する機会があり、写真は大学周辺の街の様子です。イベントが終わるまで美術館とホテルを往復していただけに、このような風景に出会いはじめて北欧に来た感じがします。

今回の私のイベントの時に、ヨーテボリー大学の教授をしているトーマスさん(Thomas Laurien)がお手伝いしてくれました。
トーマスさんは、大学で日本のテキスタイル(生地)について研究しています。トーマスさんとは、弊社社員の杉浦さんが音信をとってくれていました。
そこで、イベントの翌日に、杉浦さんとご一緒にトーマスさんの大学に訪問しました。

通されたお部屋には、写真のように、テーブルの上に甘そうなブレッドがそのまま置いてあります。あまりの大きさとナイフまで添えられていて、二人で「これって、自分たちで勝手に切って食べていいのかな?」と疑問に思いつつ、トーマスさんがお茶を入れてくれていたので戻ってくるまで待っていました。それにしてもとても甘そうで美味しそうです。
やはり、私たちのために用意してくれていたブレッドでした。地元の名物のようです。そして濃厚な甘いブルーベリー?ジュースと一緒に食べるのだそうです。
アメリカでの甘いお菓子になれてきたので、この組み合わせも驚きはいたしませんが、カロリーを考えたら凄いことになっているのではないのかと思います。

トーマスさんは、自分がデザインしたファブリック(生地)を見せてくれました。写真はトーマスさん自身とデザインした生地です。

今、スウェーデンでは、若い人たちの間で日本の文化やファッション、そしてアニメなどがブームなのだそうです。トーマスさんが子供の頃に絞り染めを自宅でしていたけど周りの皆様は興味を持たなかったそうですが、日本の絞りのテキスタイル(生地)が日本から入ってくると、直ぐにブームになったのだそうです。「日本で流行っている」「日本の物」と言うことが、皆様のアンテナをキャッチする現象が起こっていることを話してくださいました。私が小さい頃は、西洋のブランドと言うだけで、なんでもかっこ良く見えてしまった時期を過ごしたことがあるので、その感性が、今は「日本から来たもの」と言うことだけでもクールに見える現象が海外で起こっているのは凄いことだと思いました。自国の文化の海外での認知度の高さに驚きました。

トーマスさんは、スライドで自分のデザインした世界観を教えてくれました。
トーマスさんが制作している生地は、日本の生地を使っているのではなく、トーマスさんの感性で得た「日本」と言う世界観を表しています。
写真のこちらのデザインは、タイトル「自由」です。そして文様は「ゆらぎ」です。籠から出ているお魚と籠の中に入ってしまっているお魚が向き合っています。籠が揺らいでいるのが、まるで水中での網にひっかかった魚を見ているようです。素敵な作品です。

デザイナーさんとコラボレーションして服の形状でも世界観を表現したりしています。写真のようにも制作した服がありますが、こちらは確か「キング」だったと思います。西洋な雰囲気に仕上げる作品もいくつか見られました。

そして、こうした一着を作り上げるまでに、トーマスさんはその背景にある、日本の着物の歴史や、日本の生地の技法についてもとても研究し、さらに日本文化への造詣も深かったです。

茶道のお話しでも盛り上がりました。日本の美意識というのでしょうか、私が好きな数寄屋は「残月の間」です。月を直視するのではなく、満月の日に残月の光でお茶を点てられるように作られた天窓です。仄かに漏れ出る光の中で、心の「静」に出会う。
天体、季節、数寄屋、そこに集う人たち、その一瞬にしか出会えない一服。お金では買うことが出来ない、そして個体として完成した形を残せない、「時」を味わう茶道ほど難しい芸術はないと思っていた気持ちを話したら、トーマスさんがとても共感してくださいました。その「一瞬」と言う素晴らしさを、テキスタイルデザイナーとして表したいと言う感性を持っているトーマスさんは、「ゆらぎ」と言う表現を好んでいることを知りました。

「これからも音信をとりつづけようね」とお互いに握手をかわしました。
素敵なテキスタイル研究者に出会えて、茶道のことを思い出しつつ、この瞬間を大切にしたいと心から思いました。

トーマスさんのテキスタイルデザイン、向かって左の肩に飛行機が飛んでいます。
これは空なのでしょうか? スライドより



0 件のコメント:

コメントを投稿