5/28/2011

東大「さつき会」で着物ワークショップ

私は東大出身ではありませんが、夫が出身のため、東京大学の女子卒業生の同窓会「さつき会」のアメリカ支部の方たちと音信がありました。私の仕事を理解し応援してくれるさつき会の方から、「着付けの心得」をお話しをしてほしいとご依頼をいただき、5月初旬に着物のワークショップを開きました。

一番はじめにお話しさせていただいたのが、着物の種類についてです。
私の着付け教室で着物のことが分かってきた頃の生徒様のご質問の中で一番多いのが、着物の種類の見分け方と着方についてでした。そのため、正式な場面で着ることの機会が多い「留袖」から、やや(準)フォーマルなところで着用する「訪問着」「つけ下げ」について、柄付けによる見分け方と、どのような場面で何を着ていくのかを、資料を配るとともにお話しいたしました。
また、十二単のお話しをもとに、重ねの色目とした色彩の考え方や、生地の素材から(織の着物には染めの帯、染めの着物には織の帯 ー基本とされていますが、必ずしもそうではありません)、着物の生地と色の組み合わせを実際の着物を前にワークショップいたしました。
色の印象だけではなく、生地(正絹や木綿、ウール、そして織や染といった技法の違い)、着物と帯の組み合わせが変わってくることは、実際の着物で組み合わせてみないと分かりにくいものですね。とても理解を深めていただきました。写真はその様子です。

実際にも着物を着てみて組み合わせについて体験学習をいたしました。着付けの技術もとても必要なことではありますが、着物や帯の組み合わせ方や、また、それらを着ていく場面を知ることも着物を着る上で必要でとても大切です。
また着付け教室に通ったことがある人の中から、「着付けの技術だけではなく、今回の着物ワークショップのように、知識としての着物のお話しが聞きたいといつも思っていたから今回とても充実していた」と言っていただき、とても嬉しかったです。

いろいろ詰め込み式でお話し過ぎてしまいましたが、一つ二つでも、何かお役に立てることを持って帰っていただけるといいなって思います。そして、着物と付き合えるきっかけになればと願っております。
参加してくださいました皆様、ありがとうございました。

1 件のコメント:

  1. 着物の知識は、奥が深く、大変な知識がないと近づきにくいイメージがどうしてもあります。
    でも、Hiroさんの様にわかりやすく解説してそして実際の着物を例に見せていただけるなんて、本当に素晴らしいと思いました。
    着物を通じて、さらに日本を理解して好きになっていただける日を心待ちにしています。
    がんばってください!

    返信削除