6/24/2011

飾り結び

「結び」と言うと、結びの一番!と相撲を思い出してしまいますが、改めて考えてみると着物の仕事をしている時に、いろんなところで「結び」と言う言葉を常に使っているものだと思いました。
写真 ”やさしい飾り結び”より 
橋田正園著 日本放送出版協会出版
最近、家の本棚から「NHK 婦人百科 やさしい飾り結び」 と言う本が出てきました。
実は、昔、帯結びを勉強しようと本屋さんであらゆる本を買っていた時に「飾り結び」と言う本の題名に帯結びの本だと思い込んで買ってしまったものでした。写真のように表紙からして違うのですが、買った後に「なんでこんな本を買ってしまったのだろう?」と思いつつ、いつか役に立つ日がくるかもしれないと本棚にしまったままになっていたものです。

アメリカ生活3年にもなると、なぜかこのような本を見ているだけでも心が落ち着きます。幼い時から何気なく自然と視界に入っていた置物についている、ひょうたんの飾り結びや、掛け軸にかかっている亀の形をした結び。
写真 ”やさしい飾り結び”より 
橋田正園著 日本放送出版協会出版
ひょうたんにつける結びは「とっくり結び、けまん結び、玉結びを結び、栓には、こま結び、几帳結びの連続を行う」と本に書いてありました。とっても難しいのだなって思いました。
でも、難しそうですが、本を見ていると作りたくなるものですね。基本中の基本の一つである、「几帳結び」からトライしてみました。
適当な紐がないのですが、帯結びの時の、飾り結び用の細い丸組を使ってみました。
そして、写真のように「几帳結び」が出来上がりました。
「几帳」と言う響きには、間仕切りとしてT字型の柱に美しい帷子(かたびら)が垂れている、源氏蒔絵が頭に浮かびますね。

この本で大変面白いことが書いてあるところがありました。
「茶入れの結び」についてです(仕覆の結びは「茶入れの結び」と表現されています)。
戦国時代(15世紀末期から16世紀末)、権力者は毒殺されることがたびたび起こり、お茶に毒薬が混入されることをさけるために、高い身分に仕える茶道役は、茶入れを袋に入れ、長緒をかけて「封印結」をし、主君を災いから守護する心遣いをしていたのだそうです。もちろんその結びは、茶道役一人だけの心得えとし、技法は誰にも伝えられませんでした。
写真 ”やさしい飾り結び”より 
橋田正園著 日本放送出版協会出版
他にも、本に書かれている飾り結びの変遷については、とっても興味深い話が書いてありましたが、茶道のお話しの箇所になると「だからお仕覆の結びが難しいわけだー」と一人関心していました。

以前、お客様から「着物にはコサージュが似合わないですよね」と、お子様の結婚式に参列する御婦人から尋ねられたことがありました。似合わない訳ではないのですが、和でコーディネートを統一したいのなら、丸組の紐でその季節にあったお花を作るのもコサージュの代用になるかもしれないと思いました。
着物に合うアクセサリーとして何か作れたらと思います。

写真は、手文庫など小さい箱に向く結び。
手文庫がないので、コクヨの小さなノートに結びました。
出来上がりが下手ですが(パンダに似てしまったような・・・)、砂遊びのようで、作ってはほどいて結ぶ、もう二度とこの結びには出会えないのかなって思うと少々愛着がわきました。

1 件のコメント:

  1. はじめまして。アメリカ西海岸の・スタンフォードに在住のYokoと申します。
    アメリカ生活が私も3年目となり、今後もアメリカに住むことを思うと、日本で着付けを習わなかったことを、最近になって後悔しているところです。
    ブログやHPを拝見して、恐らく私と同じ年齢で、旦那様のご都合で一緒に渡米されたこと等に共感すると共に、日本文化を広めていらっしゃることに感銘を受けコメントをさせて頂きました。もし私がNYにいて、Hiroさんに着付けを師事できれば素敵なのにと思います。これからも、ブログ等を通してご活躍を拝見するのを楽しみにしております。

    返信削除