8/16/2011

アレキサンダー・マックイーン展

ALEXANDER McQUEEN: SAVAGE BEAUTY
The Metropolitan Museum of Art編
ニューヨークのメトロポリタン美術館で、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)展が8月7日の日曜日まで開かれていました。メトロポリタン美術館のコスチューム部門での展覧会の中ではトップの動員だったようです。最終日は、夜中の12時までオープンし、それでさえも4時間待ちでした。
この写真は、今回の展覧会に伴い作られた本で、アレキサンダー・マックイーンご本人の顔写真が表紙に載っています。マックイーンの顔と骨がホログラムになっている本なので写真にとると少し怖いです。

素晴らしい服で芸術品のようでした。

着物は形状がほとんどが決まっていますが、形状がダイナミックな服をデザインするアレキサンダーマックイーンでさえ、着物から影響を受けた作品が多いと聞いたことがあります。2008年の春夏コレクションでは、まさに着物からヒントを得たと思われる服がありました。
ALEXANDER McQUEEN: SAVAGE BEAUTY
The Metropolitan Museum of Art編
今回の展覧会ではそのような服は見られるず、オリエンタルな印象を受ける服が数点見られました。でも、どのような感じと言うより、どれも型にはまらない壮大なインパクトがあります。

やはり着物でも、洋服でも、着てこそだと思います。この服たちがランウェイ(キャットウォーク)で人が着ている姿を一度でも見たかったと思いました。美術館が展覧会で飾ってある服を全てモデルさんに着せてファッションショーをするなんて企画があったらと、会期中、密かに期待していました。そんな贅沢な夢は当たり前ですが叶いませんでした。
次はロンドンで展覧会がはじまるそうです。本拠地ロンドンでの展覧会は、どのようになるのでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿