9/18/2011

NYファッションウィーク4日目-8日目

CUSTO BARCELONAのショーは、素晴らしかったです。「万華鏡」と言うタイトルがあり、タイトルとコンセプトが合っていて、インパクトが強いアートな感じのデザインでした。3D眼鏡をかけて見る、服の中に3Dがデザインされている物もありました。
次の日のファッション系の情報配信される表紙を多く飾っていました。





国が支援しているデザイナーさん複数が一つのステージを持つと言うものも台湾やアルゼンチンなどで見られました。アルゼンチンのファッションショーを見に行きました。皆様個性的でした。


このショーのアフタ−パーティーがアルゼンチン大使館で開かれ招待されました。8時からのパーティーで、9時から始まる次のファッションショーを見に行く予定が入っていたため、大使館のパーティーに40分ほどしかいられませんでしたが、その短い間にも次々アルゼンチン料理が会場に運ばれ(持ってきてくれる人が一つ一つその料理の説明をしてくれます)、デザイナーさんたちとも話す機会が得られ、こうしたことを通しアルゼンチンに行ってみたくなりました。国が文化や芸術支援をこのような形ですると、いろんな国の人達にも自分の国をアピールする良いきっかけなのだととても考えさせられました。
パーティー会場の大使館内、ファッションショーの動画が大きなスクリーンにながれていました。
パーティー会場の様子

リンカーンセンターで開かれているMalan Bretonのショーを見に行きました。
バレリーナーがいきなり踊り出したので、面白い演出に驚きました。ファッションショーは、CUSTO BARCELONAのように、テーマがダイレクトに服のデザインとしてダイレクトに心に来る感じとは違って、「服毎に、テーマが違うのかな」って思う統一感が私には伝わりませんでしたが、帽子のデザインがとても素敵で、欲しいと思う物がありました。




こういう時、CUSTO BARCELONAの服は、ショーとして見るのは面白いのですが、セレブでとっても特別なパーティーへの出席する機会でもないと着ていく場所がないと思ってしまう服と、Malan Bretonの服のデザインのように、どこかのパーティーに着ていったらおしゃれかなって現実的に考えられる服と、利点はそれぞれにあるのだと思いました。

NYファッションウィーク自体が、元々のコンセプトが高級指向で、大手のユニクロがNYファッションウィークではステージを持たないと言うのにも見られるように、客層的に、やはり現実離れしているようなCUSTO BARCELONAが、NYファッションウィークらしく見えてしまうのかなって思いました。

8日間のNYファッションウィーク2012春夏が15日に終わりました。
ご招待くださいましたデザイナー様たちに、心から御礼申し上げます。
また、次回お会い出来るのを楽しみにしています。
TADASHI SHOJI, Douglas Hannant "Pink", EMERSON, General Idea, Costello Tagliapietra, NAUTICA, ANDREW BUCKLER, FALGUNI & SHANE PEACOCK, Farah Angsana, EVA MINGE, VENEXIANA, Katya Leonovich, LELA ROSE, Guishem, CUSTO BARCELONA, CARLOS MIELE, VLOV, bebe, Jad Ghandour, Perry Ellis, Argentine Designers, IMPROVD, Paul Rogers, tibi, Malan Breton, Sherri Hill, Victor de Souza, GULI, Elene Cassis

0 件のコメント:

コメントを投稿