10/30/2011

日本を代表する二人の現代アーティストがNYに

11月に、村上隆さんのカイカイキキと手を組み、ニューヨークのクリスティーズと言うオークション会社が東日本大震災の被災者に向けたチャリティーを実施します。
10月27日に、村上隆さんが所属するギャラリー、ガゴシアンギャラリーでプレビューがありました。会場には、村上隆さんご本人と、そして、奈良美智さんが来ていました。奈良美智さんも今回のチャリティーオークションに3点出品しています。
写真は、二人が記者会見に応じているところです。
村上隆さんは、多くの現地アメリカ人記者に、今回の東日本大震災の被災者に向けたチャリティーをした経緯について沢山のメッセージと、出品作品についての思いを語っていました。今回のイベント出品する参加アーティストは15人にのぼりました。
出品作品の多くが、震災後に描かれた絵であることを知り、それぞれのアーティストの想いがありました。
日本人のMr.と言う人の作品は元気いっぱいの女の子の絵の中に平仮名で「よしっ(ち)!!」と言うかけ声の文字が描いてありました。その絵を描いたMr.さんにはアメリカ人記者からの質問が多かったです。Mr.さんは震災へのショックは大きくその中でも元気を人に与えないとと思ったそうです。
今回のチャリティーで収益に達すると見込まれている総額は約500万ドル(約4億円)です。これだけの一大プロジェクトを立ち上げた村上隆さん。ご本人には今回はじめてお会いしましたが、もの凄い迫力とオーラのある人で驚きました。名刺をお渡しし、少しだけお話しをしましたが、今までになく緊張してしまいました。
ニューヨークに引っ越す前に日本では東京芸大近くに住んでいたため、彼の作品を見る機会が多く、その時から彼の作品からとっても「力」が湧き出る感覚を得たので、とても大好きでした。
今回のプレビューには弊社スタッフの杉浦さんとご一緒にうかがいましたが、彼女は村上隆さんの作品の実物を間近で見るのははじめてで「実物は、こんなに凄いんですね。」と言って、目を見開いて感動したことを私に話してくれました。私も今回の作品から受けた印象は、人が「生きる」ことに大切な「元気」と言う「力」が湧き出てくる印象を受け、感動しました。
アートは表現の世界、「伝えること」の大切さを村上隆さんの言葉や本からも多く知る機会があります。
私は、着物をファッションとして世界に提案していきたいと言う願いが常にあります。それにはやはり発信しつづけること「伝えること」の大切さを痛感しています。先日、私は自分が持ったNYでのファッションショーについての記事が、世界三大通信社であるAFP通信から配信され、イタリアの新聞社やファッション雑誌からいくつか取材を受けました。

今回のイベントを通し、村上隆さんが手を取り合った15人のアーティストの想いが伝わること、そして、その想いが震災の被災者に届くことを心から祈っております。



1 件のコメント:

  1. 私事ながら・・・奈良さんの少女の姿がまるでうちの娘を見てるくらいにそっくりなときがあります。(笑)村上さんの作品は間近で拝見したことはないんですが、奈良さんの作品は拝見したことがあります。生の作品の迫力はすごいですね。着物も同じように世界に羽ばたかせていきたいものですね!一緒にがんばりましょう!

    返信削除