2/19/2012

NYファッションウィーク2012秋冬コレクション

NYファッションウィークが先週16日(木)に終わりました。
会期中、毎日のように見に行っていました。
今回の特長ですが、エスニックな感じで、カラーが黒や黄色、濃い青、赤など、ビビットなカラーが多く見られました。
こちらは、Falguni and Shane Peacockと言うブランドのショーの写真です。




 後ろに長く引きずるような服のデザインも目立ちました。写真だと見えないのですが、こちらの服は、後ろ側だけ引きずるスカートになっていました。
次の写真は、CARLOS MIELEです。




写真の通り、なぜか後ろ姿にばかり注目してしまっていました。やはり引きずっています。
次のショーは、Zang Toiです。やはりエレガントです。真っ赤なドレスにボリュームが付け加えられると、とてもチャーミングになるのですが、大人の着こなしとしてはとても難しそうに思いました。



次のショーは、DIESEL BLACK GOLD会場の作りが凝っていました。招待状を私のスタジオまで届けてくれました。凄い人件費がかかっているのではないかと驚きました。
次のショーの写真は、Emersonです。Emersonと言うと、「紫」と言うイメージが直ぐに浮かびます。






こちらのモデルさんは、他のショーでも見かけましたが、女優さんのようで気品があり、素敵だと思いました。
NYファッションウィークが終わった翌日に、世界的にメジャーなスポーツファッションブランドでトレンドリサーチと言う仕事をしているVilislavaさんと言う人を紹介いただき、私のスタジオにまで来ていただいてお話し合いの席をいただきました。彼女のしている仕事は、証券会社に例えると、証券アナリストと言うのでしょうか。もう少し違う例えがあるかもしれないのですが、次来るファッション流行をリサーチしてブランドに所属するデザイナーさんに提案すると言う仕事です。形状とか、カラーとか、テイスト(例えば、エスニックとか、オーガニック傾向とか)NYファッションウィークをいくつか見ていると、沢山のブランドがあるのですが、どこか似ている傾向を持っているのを感じてしまうことがあります。たぶん、こうした次来る流行を提案する方たちの中でもファッションデザインと言うのは作られる要素に含まれているのかなって思いました。
カラーイメージや、服の形状などで、個性的なデザイナーさんもいますが、流行の作り上げて行く過程には、デザイナーさんだけではなく、こうしたトレンドをリサーチして提案する仕事をする人も大役を担っていると思いました。
彼女は、パーソンズと言うニューヨークにあるファッション大学でも授業を持っている専門家でした。沢山面白い話を聞けて、NYファッションをより一層楽しく振り返られました。

ご招待いただきましたデザイナーさんたちありがとうございました。
ZANG TOI, LEATHER JAPAN, Carlos Miele, Mara Hoffman, Falguni and Shane Peacock, Prete & Bruno, Emerson, Whiney Eve, Reem Acra, Honor, LARS ANDERSSON,  Norisol Ferrari, CATOR SPARKS & NIKLAS ANKAR, TADASHI SHOJI, BASIL SODA, Jad Ghandour, Nomia, Eva Minge, Daniella Kallmeyer, Zuzu Kim, bebe BLACK, Carmelita Couture, Vantan Tokyo, Costello Tagliapietra, HELIOS & LUNA, Nautica
また次回会えるのを楽しみにしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿