5/31/2012

セレブリティーからの仕事

昨年のお話しになりますが、
MARINA SCHIANO(マリナ スキアーヌ)さんから、自身のクリスマスカードを作る撮影の時に、着物を着て撮影をしたいとのことで、仕事のご依頼がありました。

このマリナさん、お会いした時には私自身彼女のことをあまり分かっていませんでしたが、1971年からYves Saint Lrurant(イヴ・サンローラン) とともに仕事をし、トップモデルとして活躍し、後にイヴ・サンローランのアメリカ副社長になります。こちらのwebサイトがマリナさんの後ろ姿です。
http://24.media.tumblr.com/tumblr_m24cnotVm51qbv83so1_500.jpg
マリナさんは、Andy Warhol(アンディ ウォーホル)の作品のモデルとしても有名です。こちらのwebサイトにアンディ ウォーホルがマリナさんをモデルとした作品が載っています。
http://www.christies.com/lotfinder/LargeImage.aspx?image=/lotfinderimages/d50259/d5025914x.jpg
またWoody Allen(ウッディー アレン)の映画「Stardust Memories」にも出演しています。
ファッション業界に広い交友関係を持ち、かなりのセレブリティーです。

この仕事のご依頼は化粧品会社NARSの創業者であるFrancois Nars(フランソワ ナーズ)さんのマネージャーさんから連絡がありました。ナーズさんが撮影をする仕事とあって、とても嬉しく光栄な仕事だと思いました。

ナーズさんに会えるだけでもワクワクしていましたが、そのモデルとなる人がどういう人なのか事前情報をいただけなかったので、普通のモデルさんが撮影スタジオにいるのかなって思ったら、もの凄い迫力のオーラがある素敵な淑女が既にスタジオでお化粧をはじめておりました。

その日、私は大事なナーズさんからの仕事であるにもかかわらず、このお話しが来る前に別の仕事が入っていたため、午後1時30分までしか時間を作れなかったので、私の予定に合わせて集合時間を朝の9時に撮影の準備がはじめられるようにセッティングしてくれていました。
そして、スタジオ内に既にいたマリナさんにご挨拶すると、私の肩を両手でギュッと掴み、開口一発「午後3時までいなさい」と言ったのです。とんでもない迫力についついコクンと頷いてしまいそうでしたが、「結婚式での着付けの仕事が入っていて、グランドセントラル(日本で言う東京駅みたいなところ)を2時に発車する電車に乗らないと間に合わないんです」と、驚きのあまりかなり素直に答えてしまいました。「私の車を出してもいいのよ」と言うので、「ニューヨークの郊外に行くため、電車も車もこのスタジオを出る時間は変わらない」と、これまたかなり素直に答えてしまっていました。

この迫力ある淑女が誰であるか分からなくても、個人の撮影で、フランソワ ナーズさんに撮影させてしまうし、スタジオが「Pier 59」(ピア59はニューヨークの撮影スタジオ)このスタジオは、大手企業広告のVerizonの撮影の時のスタジオで(私はVerizonの広告で着物スタイリストをしました)、個人のお客様の撮影で使えるようなところではないことは知っていたので、ただならぬ人なのだと分かりましたが、自分が出来ることと出来ないことはハッキリ伝えないとと思って、正直に話していました。

『この小娘、この人が誰だか分かっているのっ』て雰囲気がスタジオ内にはありましたが、なぜかこのマリナさんは私のことをお会いする前からかなり信頼してくれていたみたいで、私がマリナさんの着付けをしている時にスタッフが話をしていると、「黙りなさい。ヒロが着付けをするのに集中させてあげなさい」と言ってくれたり、「ヒロ、あなたがいないとこの撮影は成り立たないのよ。分かっている」って、私が着付けをしている最中も言っていました。私はどのように反応していいのか分からなかったのですが、時間内に終わらせることを約束しました。

少々遅くにフランソワ ナーズさんが登場です。
ナーズさんがイメージしていた撮影したいスタイルを、参考資料となる本などを見せていただき、ナーズさんと打ち合わせをしました。日本の伝統的なお化粧の色合いについて参考までにと思って、私が歌舞伎のメイクを例にあげて話をすると、とても興味深く聞いてくれました。

なんとか私が担当する撮影部分を1時30分までに終え、次の仕事へと行くことが出来ました。
マリナさんにお礼を言うと、両手で私の手をギュッと握手をしてくれて、私の手をポンポンと叩いてくれた姿がとても印象的でした。

このマリナさんのクリスマスカードには、ナーズのプロジェクトとしてタイトル名があります。そして、着物スタイリストとしてクレジットをいただき、昨年のクリスマス以降に写真を私のポートフォリオに載せることも許可してくださいました。

今頃になりますが、私のポートフォリオを更新したので、マリナさんの写真を載せさせていただきました。
こちらが、私の更新したポートフォリオです。
http://www.kimonohiro.com/fashion.html
それにしてもニューヨークには、想像を越えるセレブリティーがいるものですね。

この写真は、カメラ前でかまえるフランソワ ナーズさん、マリナさんの後ろ姿、着物を直している私です。


0 件のコメント:

コメントを投稿