1/27/2012

イタリアのファッションコレクション雑誌

イタリアのファッションコレクション雑誌、Collezioni Donnaに、昨年11月に私への取材記事が載りました。写真は、ルイヴィトンの洋服が表紙を飾っております。400ページ以上ある雑誌で図鑑のようにやや大きめです。この本は、コーヒーテーブルブックと言う種類に属し、高級指向になっているそうです。自分が掲載された箇所などは、イタリアの雑誌社からいただいておりましたが、雑誌そのものも入手いたしました。
目の前の仕事に追われていて、なかなか、昨年の仕事が形になっているものを、ブログなどに書くこともこのように遅くなってしまいました。
こちらが、この雑誌に掲載された私の記事です。

先日は、VOGUE HOMMES INTERNATIONAL(ヴォーグ・パリから出されている男性の服の雑誌)からの仕事の依頼がありました。ニューヨークには、男性もとてもお洒落な人が多いのですが、その上、個性がとても出ているなって思う事があります。男性の服は、ある意味、形状が皆同じ。着物と少し似ているようにも思いました。その同じ形状の中で、流行を作り、更にその人らしい個性の美しさを引き出していくかが、男性のお洒落の難しさでもあり、面白さでもあると思いました。

1/15/2012

素敵な年明け

明けましておめでとうございます。
ブログを書くのも1月半ばを過ぎてしまい、遅くのご挨拶になってしまいました。

昨年はいろんな仕事が舞い込んで来た年でした。
大学での講義や、ファッションショー、雑誌の撮影、その他・・・。
昨年した仕事が、種を蒔いたように未だに咲き続けています。

年明け、とても素敵なことを知りました。
ニューヨークでジャズハモンドオルガン奏者として活躍する敦賀明子さんのCDが全米で2月14日発売になります。
http://akikotsuruga.com/

私は、このCDジャケットの敦賀さんが着ている着物のコーディネートと着付けをスタイリストとして担当しました。
はじめ、ジャズ歌手の大江千里さんから直接お電話をいただきご相談がありました。
そして、大江千里さんと敦賀明子さんがご一緒に私のスタジオにお越しになってくれて、CDジャケットの着物スタイリストとしての仕事をご依頼してくださいました。
大江さんは敦賀さんの演奏が日本への「希望」となりたい思いもあって、今回着物を使用してジャケット撮影をすることになった気持ちを聞かせてくれました。

撮影をしたのは昨年の6月でした。撮影現場にも大江さんがお越しになっていて、なんと写真のようにお弁当を作ってきてくれていました。撮影現場の皆に温かいお茶まで用意してくれました。これだけの情熱がある姿は、忘れられないです。
セントラルパークを中心に、車でいろいろ周り、撮影をして行きました。
撮影をしたフォトグラファーはベッキーと言う女性で、ベッキーさんはNYで活躍するフォトグラファーです。彼女とは昨年11月に偶然同じバスに乗っていて、「個展をするから見に来てね」と言われました。彼女の作品は奇抜で面白いです。
http://www.beckyyee.com/

昨年の9月に出来上がったCDジャケットを敦賀さんが私のところに送ってくださいました。
そして、年が明けてアメリカのアマゾンでの発売予定が告知されているのを見て、全米に売り出される日が迫っているのを知り、胸が熱くなり、とても嬉しい気持ちになりました。
敦賀さんの演奏は、あの時の撮影現場のスタッフ皆様の熱い思いが引き出されるような、それだけの迫力のある素晴らしい演奏でした。

仕事が形になっていく度に、一つ一つを大切に、それが何時花開くかは分かりませんが、必ず美しい花を咲かせることと思います。
敦賀明子さんの全米でのCD発売を心からお祝い申し上げます。

写真は、CDジャケット撮影中、大江千里さんが敦賀さんの汗を拭いているところです。驚くほど、優しく熱い人でした。