10/24/2013

盆踊り

アメリカのフロリダ州の森上美術館で、10月19日の土曜日に盆祭りがありました。
この森上美術館が建っているフロリダのボカラタンに、 1900年初頭フロリダで最初の日系移民の入植地(ヤマト・コロニー)があり、京都府宮津出身の森上さんもこの入植に参加した一人でした。森上さんはこの地で成功をおさめ、所有していた土地をパームビーチ郡とフロリダ州に寄贈し、森上さんがヤマト・コロニーの記憶をとどめるよう希望したことから創設されたのがこの森上美術館です。美術館近くには「ヤマト・ロード」という道路まで走っています。

毎年夏に盆祭りが開かれるとのことですが、夏はハリケーンシーズンで大嵐に見回れることが多く、気候が安定している10月に今年は催すことになったそうです。 

盆祭り当日は晴天で、常夏のフロリダでも過ごしやすい涼しい風が時折ふいていました。
今回、私はその盆踊りに参加させていただきました。その時の写真です。 
盆祭りは、午後3時〜8時まであり、お祭りの間に3回ほどステージで太鼓を囲み盆踊りをしました。 

盆踊りは、地方色が強いので、催される地方により踊りは違いますが、海外にいると日本のいろんな地方出身の方たちや現地アメリカの人たちも参加するので、いろんな地方の盆踊りをしました。 

また、盆踊りの季語は、「秋」なのだそうです。 
こちらが、今回、森上美術館で催された盆踊りの題名です。 指導してくださいましたのは、三堀先生です。

1回目—女踊り
花笠音頭(山形)
相馬盆唄(福島)
桜音頭

2回目—女踊り 
花笠音頭 
宮津節(京都) 
桜音頭 
宮津小唄(京都) 
相馬盆唄
東京音頭

3回目—男踊り 
全国ご町内音頭 
日本太鼓 
ソーラン節(北海道) 
相馬盆唄
オハラ節(鹿児島) 
炭坑節(福岡)

歌詞を歌うと地方の特色が見えてきて面白いです。
女踊りの時は、お揃いの浴衣で、帯の結びは「二枚片わな」です。
男踊りの時は、ハッピを着用しました。  

着付け士でもある私ですが、盆踊りの衣裳は三堀先生に着付けていただきました。着付けていただいている時に補整のタオルが落ちそうになったので落ちないようにささえようと手を出してしまい、三堀先生から「着付けをしてもらう人は手を出してはいけません」と言われました。その一言で着付けをしていただく時の心構えを思い出しました。心に緊張が走り、とても良い経験になりました。アメリカに来てから着付けをしていただくという機会が無かったので、今回、三堀先生に着付けをしていただいて本当に良かったと思います。
日本で私に着付けを教えてくれた先生は、「人に着付けてもらうのもとても勉強になるのよ」と、よく言っていました。本当にいろんな気づきがあります。

この写真は、東京音頭を踊る時に観客の皆様も参加していただいて皆様で踊っているところです。 三堀先生がお客様に踊り方を教えています。恐れ多くも私は三堀先生の隣で踊らせていただきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿