1/04/2013

テレビジャパンNHK放送枠の着物スタイリスト

昨日の1月3日にテレビジャパンで放送されたNHK枠、MCのメロディーさんが振り袖、アレックさんは黒紋付羽織袴での登場でした。
この放送でながれた着物を着てのメロディーさんとアレックさんの収録は先月にありました。FCIのディレクターさんからご依頼いただき、着物スタイリストとして担当させていただきました。
無事放送され、この収録の時に仕事を手伝ってくれた方が録画までしてくださって、電話でお知らせしてくれました。
また、収録当日は、弊社の着付け師のナオコさんが、私のアシスタントとして現場で手伝ってくださいました。
メロディーさんは、可憐な印象でしたが、メイクもへアセットもご自身でするほど才能あふれる方で、お話ししていても芯のある強い美しさを持った方のように思いました。仕事をご依頼してくれたディレクターさんからは、ご依頼時に番組の動画を送っていただき、MCの二人に似合う、そしてお正月放送に合う着物のセレクトを任されましたが、私が候補をいくつかあげた着物の中で、赤い振り袖に最終決定してくれたのは、メロディーさんだそうです。本当にとても似合っていて、ご本人も気にいってくださって、嬉しかったです。
アレックさんも、黒紋付羽織袴がお似合いでした。
やはりお正月は振り袖に黒紋付羽織袴ですね。
収録が終わったあとに、メロディーさんとアレックさんは控え室で写真撮影をお互いにしていました。私も写真をとらせていただき、とても楽しい控え室でした。
事前に送られてきていた動画で、後ろ姿は映る可能性がかなり低いことは分かっていたのですが、メロディーさんの可憐な美しさを表現したくて、帯を結びました。
こうした撮影の仕事というのは、映るところだけ形になっていれば良いと言う考え方もあるかもしれませんが、見えないところにもこだわれる事でそれが全体の美しさのバランスを作っていて、欠けてはいけないところだと思っているところが私にはあります。芸術家の方たちと作品撮りをしていた時に、痛感した点です。
今回の放送を録画してくれた方が、「二人の着物姿をもう少し見ていたかった」と言ってくれて、その言葉がとても嬉しく思いました。

写真はメロディーさんをイメージした帯結びで、花の中央には、アメリカで買ったスカイブルーの髪飾りをつけました。でも、この写真にもスカイブルーの髪飾りがうつっていない。

メロディーさんとアレックさん、控え室で自分の着物姿が珍しいのか、写真をとっているところです。

1/02/2013

VOGUE GERMANYに載りました

あけましておめでとうございます。
先月12月号のVOGUE GERMANYに着物コレクションが掲載されました。

フォトグラファーは、Alexi Lubomirskiさん。モデルは、Toni Garrさん。
着物をAlexiさんに表現していただく機会に恵まれて言葉が見つからないほど胸がいっぱいで、素晴らしいエディトリアルでした。
エディトリアルのタイトル「SO FERN, SO NAH」タイトル名がドイツ語なのでよく分からないのですが、雪景色の中での男女の美しい姿が浮き上がっています。もう、芸術と言う感じです。
雑誌には小さくですが、3カ所名前を載せていただきました。
VOGUE GERMANYの編集の皆様ありがとうございました。
写真はこちらです。



皆様、今年もよろしくお願いいたします。