2/14/2015

綺麗なのは一瞬だったね

本日、2週間前に行ったばかりのエバーグレーズ(国立公園)にまた行ってきました。
フロリダはキャンプなどをするのには良い季節で、エバーグレーズのキャンプ場はいっぱいだったそうです。(本日、最高気温21度、最低気温9度の晴天)

先ずはエコ・ポンドと言うトレイルに行きました。さっそく、水面を歩いているように見える鳥がいました(写真下)。この鳥は、ブラック・ネックト・スティルト。

蝶がいっぱいいました。
上の写真の白いのは、花びらではなくて、全てチョウチョです。指差しで、双子に「チョウチョだよ」と言うと、「チョウチョ」と指でさして言ってくれて、言葉の遅れがある双子ちゃんが言ってくれたことにとても嬉しかったです。チョウチョと言う声が優しくて、なんて穏やかな時だろうと思っていましたが、、、(写真下)大きな棒を持って、チョウチョの方へと振り回しはじめました。チョウチョにとっては穏やかではなくなってしまったと思います。
このような縞模様のチョウチョもいました。

とにかく、鳥が多い。(写真下)水辺の鳥。

 頭上の木にも鳥がとまっていました。

「後でお勉強しよう」と思い撮った写真(下)。私は「後で、、、」と言って勉強したためしがないタイプです。

エコ・ポンドのトレイルを歩いた次は、Mahogany Hammock(マホガニ・ハンモック)トレイルに行きました。木道が綺麗で歩きやすいです。ここにはフクロウがいるとのことですが、過去2回ほど行って一度もフクロウを見たことがありません。


 木道を走る双子ちゃんたち。ノリノリです。

写真では雑木林に見えますが、神秘的でとても精神が研ぎすまされるような感じのところです。鳥の鳴き声に耳を傾けていましたが、聞こえてくるのは双子たちの大はしゃぎの声だけです。今回もフクロウには出会えませんでした。

マホガニ・トレイルで鳥を見れなかったので、アンヒンガー・トレイルに行きました。
さっそく美しい白い鳥がいました。グレート・イグレットかな。


 なんて美しい鳥なのだろうと見ていたら、この通り(写真下)
 双子の一人が鳥を追い払っていました。「な、なんてことをしているのー」と双子を追いかけるママ。鳥を追いかける双子、、、。

飛んで行ってしまった鳥は仕方がない。綺麗だったなぁと思いながらも気持ちを切り替えて、こちらにも大きな鳥がいました。グレート・ブルー・ヘロン(だと思う)。

アンヒンガーが沢山木にとまっていました。こんなにいっぱいいた日は今まで見たことなかったです。

 上空には違う鳥が沢山飛んでいました。(ピンぼけ写真になってしまった。鳥が飛んでいる瞬間をとるのは難しい)

なんて美しい景色なのだろうと思いました。今、フロリダは一番良い季節だと言われていますが、本当に素晴らしい気候と景色です。

うっとり景色に観賞していると、双子の一人が、サクを乗り越えようとしています。
本当に目が離せない。ゆっくり観賞も出来ない、、、。

でも美しい。本当に美しい。
 涼しくて晴天で過ごしやすい日だったので、本日は遅い時間までいました。日も長くなってきたと思いました。

帰りの車の中から見た夕焼けの景色は壮大でとても綺麗で写真をとってみましたが、やはり実際に見ているような景色はとれませんでした。カメラをおろして振り返ると、既に夜空に変わっていました。「一瞬だったね」と夫が言いました。綺麗なのは一瞬だったと私も思いました。

今日見た景色や鳥にまた出会えるなんて出来ないから、自然や野生の生き物を観賞して感動することってとても貴重な時間なのかもと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿