2/20/2015

ランチのお招き

大使公邸にランチのお招きをいただいたので本日行ってきました。
とても素敵な立地にあります。写真は車でむかっているところです。

お客様が揃うまでの食前酒部屋のようなところでしょうか?ランチなのでリンゴジュースが出ました。

お席につくと、名前と本日のメニューがありました。


乾杯してランチがはじまりました。
一番はじめは、野菜とロブスターのテリーヌです。
不思議な食感でした。ロブスターとイクラが全然生臭くなくて美味しかったです。

2番目は、マッシュルームとフォアグラのスープ
ものすごい”濃く”。とても私個人的に好きな味でした。浮いている物がありますが、食べてみても分からなくて、味の濃いチーズ豆腐かなって思いましたが、メニューに「foie gras」と書いてあったので帰ってきて調べたらフォアグラでした。

3番目は、イエローテイルと書いてあって、よく聞く”イエローテイル”を、この機会にどんなお魚のことかインターネットの英和辞典で調べてみました「ハマチ;ブリ;ワサラ;イナダ」と書いてありました。「ワサラ」??サワラのことかな?もしやインターネットの英和辞典の間違いを見つけてしまったのかな?果たしてワサラという魚が存在するのかなって思い調べてみたら、「ワサラ」→「和皿」しか出てきませんでした。やはりインターネット辞典の表示ミスですね。たぶん。
イエローテイルとホタテとトマトベースのソースとあって美味しかった。見たままを言っているような感想でこれでは料理評論家にはなれないですね。

4番目は、栗とムースと小豆のアイスクリームです。
フレンチシェフですが、デザートは和を意識したメニューとなっていました
小豆のアイスって美味しいですね。

このような席は身に余ることで、そして久しぶりの外食がこのような素敵なお招きの席だったので、食事が喉を通るかなって思うほど少し緊張していました。食事の席なのに食事が喉を通るか心配しているなんてね。大使の皆様へのお話しを持っていき方が自然で場が和み茶道で言うと亭主役ですが、素晴らしいもてなしの場を体験しているのだと思いました。シェフが丁寧に作ってくださったものも、食べるのがもったいないほど見栄えが美しくて、そして美味しくて、完食いたしました。

写真は皆様でお食事が終わったあとの席です。

ご招待されているお客様たちとも会話が弾みました。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうものですね。

家に帰ってきて、このような時間をくれた家族へ感謝の気持ちを込めて夕食を作ろうと思います。さすがにフレンチは無理ですが、クックパッドで「鶏肉」「簡単」「豪華」で検索したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿