2/23/2015

大ショックで落ち込んでいる時に

私の着付け教室に通うアメリカ人の若い女の子が、日本文化に関するお稽古ごとに行った時に、そこにいた人から着物の着方を指摘され、稽古場の皆さんの前で着直しをする羽目になり、とても恥ずかしい思いをしたと話してくれました。また、「ここでのお稽古を続けるのなら、着付け教室に通わないほうがいい」と言うようなことを言われたそうです。

彼女は、昨日私の着付け教室に来て、私を選んでくれたことを話してくれました。

日本文化が好きなアメリカの若い女の子をこんなに傷つけてしまったことに、大ショックでとても悲しく残念に思いました。

胃痛になったことはありませんが、今朝はお腹が絞られるように痛く(これが胃痛?)、もう大ショックで落ち込んでいる時に
双子の一人は足を嗅いでるし、、、(意味不明)

朝から運転免許の住所変更に行ったり、、、(元気じゃん)

私が思い詰めていても仕方がないのですが、アメリカ人の彼女のことがとても心配でケアをしっかりしてあげないとと思いました。昨日は、彼女に「私もあなたを信頼している」と伝え、そして日本文化について学べる場があるので、彼女がお稽古に通うのを受け入れていただけるか早速連絡を入れて、彼女が通えるようにしておきました。嫌いにならないでね、、、日本文化を。

こんな時に、双子の一人はまだ足の臭い嗅いでるし、、、シツコイぞっ。
いつから足の臭いを嗅ぐのが好きになったのかしら?

2 件のコメント:

  1. 形式は大事かもしれないけど、楽しむ気持ちが一番大切だと思うのにな~って思いますよね。お稽古ごとを習うほどに、好きな日本文化を嫌いにならないでほしいですよね。
    そして。。。足のにおいをかぐ二人がかわいすぎます♪キモチはわからなくもないけどね笑。

    返信削除
    返信
    1. 和のお稽古ごとは”厳しさ”を教えてくれることもありますが、私も楽しむ気持ちを1番大切にしています。
      どうして足のにおいを嗅ぐのでしょうね、、、。キモチ分かるのですか、笑。じ、実は、私もツーンとしたにおいが好きです、、、。アロマとはかけ離れていますね。

      削除