2/08/2015

車に「赤ちゃん乗っています」シールを貼る意味


アメリカで車に乗っているとよく見かける車に貼られているこのシール「BABY ON BOARD(赤ちゃんが乗っています)」と書いてあります。
私は今まで後者の車に対して「赤ちゃんが乗っているから気をつけて運転してね」サインだと思っていました。しかし、このシールが貼られるようになった経緯は違うことを知りました。その経緯は、事故が起きた時に車に乗っていた意識不明のお母さんが救出され、そのお母さんが意識が戻ったあとに赤ちゃんがいないことに気がつき車に戻ったら赤ちゃんがあまりに早い永眠についていました。それから車に「赤ちゃんが乗っています」と言うことを救出する人にも気がついてもらうために貼られるようになったというお話しでした。
意思表示が出来ない小さな赤ちゃんが、こうしたたった1枚のシールで救われるのならと心から思いました。シールを貼る本当の意味を知らずに、今まで皆が貼っているからと言うぐらいの気持ちで貼っていました。
もちろん双子用もあります。そしていろんなデザインもあります。男女の違いがあるものもあります。伝えるということは言葉に限らず、こうした小さな工夫が大きな意味を持つのですね。


2 件のコメント:

  1. このラベルってそういう意味があったんですね!知らなかった~。そうですよね。小さいから見過ごされてしまうこともあるんですね。最近はみんなつけてる『マタニティーマーク』も、事故とか何かあったときに、すぐに妊婦だと気づいてもらう意味もあると聞いたことがあるので、それに近い効果ですよね。
    出産祝いに友達から手作りの双子版赤ちゃんがいますラベルを作ってもらってたので、うちも貼ってなかったけど貼ろうかな?

    返信削除
    返信
    1. PenPonさん、こんにちは。
      「マタニティーマーク」日本にはありましたね。なるほど!
      気づいてもらうことは、本当に大きな意味を持ちますよね。
      日本にも「赤ちゃんがいます」ラベルがあるのですね。「双子」の子どもを持つと毎日見ている親である私はそれが当たり前に思えるのですが、はじめて出会う人たちからは「双子なの?」と驚かれることがあるので、特に「双子がいます!」は気づいてもらうためにも貼ることは効果的かもしれませんね。
      資格勉強どうですか。ブログ寄らせていただきますね。

      削除