4/11/2015

京都も良いけど、奈良も良いね(柳生編)

昔々柳生藩のあったところ、3月31日から奈良市柳生町に一泊だけしました。なんとお一人食事付きで7000円で宿泊出来る子連れにも優しい可愛らしいお宿「久保田亭」にお世話になりました。
京都駅から移動し、到着した駅は京都の笠置(かさぎ)駅です。ここからタクシーで移動しました。山を越えると奈良市です。
 バックパッカーの出立ちで、家族移動です。(タクシーを待っているところ)
 笠置の駅前の桜が綺麗でした。雨が降り、気温が下がったので、長らく桜は満開のままでした。

 柳生の里。日本のふる里と言う感じで、こういうところに来てみたかった。
 お宿からの眺め。キャー素敵!


一泊して、次の日に奈良駅周辺の観光スポットに出る前、柳生の町を散策しました。
旧柳生家老屋敷に行きました(写真下)。柳生藩は「石高1万石程度の小藩であったが、藩主家の柳生氏は代々将軍家の剣術指南役として幕閣に重きをなした」とウィキペディアに載っていました。


 私たちしか観光客がいなかったのですが、旧柳生家老のお屋敷を走り回る双子ちゃんたちです。
 庭園から町が眺められました。

 旧柳生家老屋敷をあとにして、バスの時間もあったので、近くの紅葉橋に寄りました。この紅葉橋は、芳徳寺の旧参道につながる朱塗の橋ということで、橋を渡ると永延と階段が続いていました。(写真下)

登りきったかと思えば、まだまだ続いていました。
とても神聖な気持ちになるところでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿