4/30/2015

きものファッションショー会場の下見

5月10日に着物ファッションショーをするのですが、本日やっと下見にうかがうことが出来ました。
その会場と言うのが、科学博物館(アイマックスシアター併設)と言うところで、下の写真が、ファッションショー会場だと案内されました。
「ジャジャジャーン」心の声。
ここで、着物ファッションショーをするのですか、、、?
気を取り直して他の角度からも見てみました。(下の写真)

うーん、なかなか個性的な会場。

ファッションショー当日は、この訳の分からない展示されている(子どもが喜びそうな)物は片づけていただき、ステージが作られるそうです。そして、私が「ランウェイを作ってほしいなあ」と話したら、「OK」って、とても軽いノリ。
博物館の催し担当のマイケルさんは、「OK」「パーフェクト(完璧だね)」「グレート(素晴らしいじゃない)」誉め上手で、私が提案することに褒め言葉で返答を次々してくれるので、私はついつい調子に乗り「ここは階段があって、赤い絨毯なんてひいたら美しいかも、それと、、、」と夢中に言いはじめたら、段々、言葉少なげになっていくマイケルさんでした。

今回のファッションショーは生け花インターナショナルの窪田さまにお花の演出をお願いし、窪田さまとコラボステージとしたいとお願いしたところ、快く了承してくださいました。大変光栄に思います。本日、窪田さまにも現地視察に同行していただきました。写真は窪田さまとマイケルさんがお話しをしているところです。ステージ作りにもご助言いただき、とてもお勉強になりました。

この着物ファッションショーは、「アジア(andポリネシアン)祭り」の中のプログラムの一つです。素晴らしい博物館で着物ファッションショーをすることが出来ることにとても嬉しいです。

いつもは、仕事場に、子どもを連れて行かないのですが、ベビーシッターさんが見つけられず、子ども連れで現地視察ミーティングに行きました。子どもまでお邪魔してしまいすみません。クッキーを食べながらママのミーティングを見守る双子。
子どもたちは、この博物館に興味津々でした。

はじめは、博物館に展示されているオブジェの中を着物ファッションショーするのかと、それも斬新だけどと思いつつ、かなり引いてしまいつつ、でも、話し合いをしていくうち、ステージ作りに博物館のマイケルさんもとても協力的で、とても楽しみになってきました。現地下見がゆっくり出来るようにと博物館閉館後にミーティングのお時間を作ってくれたマイケルさんのご配慮にも感謝しています。

素晴らしい着物ファッションショーに出来たらと思いました。
詳細は、後日、ブログでも書きますが、急いでプレスリリースを作成したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿