4/09/2015

ただいまマイアミ

本日、真夜中の1時に日本からマイアミにつきました。
日本で私の仕事があったので6年半ぶりに日本に行くことになり、夫も日本に用事があったため家族全員で2週間滞在していました。
その2週間にあったことを既にブログでアップしはじめています。
備忘録のようなブログですが、日本の滞在のことを引き続き少しずつ書いていこうと思います。

アメリカに帰って来ると、エレベーターが大きくて扉が広いので、それだけでもホッとしている自分がいました。双子を育てるには町の構造が広々しているのはストレスが少ないです。日本では横に2連のベビーカーが駅のエレベーターをはじめ、ほとんどのところで入りませんでした。「あと本の少しだけエレベーターの幅が広ければ入れたのになあ」と思うことが多々ありました。でも、日本はやはりとても過ごすのに便利で、アメリカ(私が住んだことがあるニューヨークとマイアミ)では、日本のような自動販売機がほとんど見かけないので、喉が渇いた時などわざわざお店に入らないといけないことがあります。ニューヨークとマイアミなどの町中には、自動販売機を置くと盗まれるから置かないのだそうです。
そうした、アメリカと日本の違いで、過ごしやすさについて書き出すと沢山ありますが、結論としては一長一短だと思いました。
双子を持つなんて私でさえも想像していなかったことですし、子どもがいなかった時はエレベーターの扉の広さを気にするなんてことはなかったです。

子どもたちと一緒に日本にはじめて滞在して、「日本で子育てしていたらこんな感じだったのかな?」なんて少し考えながら過ごしていました。

マイアミに戻りまして、空港に預けていた車で家に戻りました。ドライブスルーで食事を調達して、ラジオから流れるアメリカンなポップ音楽を聞くと、「あー、アメリカに帰って来たなあ」って思います。住めば都という言葉がありますが、やはり家に帰ると「やっぱり家が一番」と思いました。
上の写真は、昨日成田空港へと向かっている電車の中で、爆睡している双子たちです。おしゃぶりを卒業出来たのですが、旅行中再びおしゃぶりに頼ってしまいました。
パパとママに付き合ってくれてありがとう!そして、お疲れさま。双子たちに日本を見せれて良かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿