2/28/2015

Googleニュースにのりました

子育てに追われている日々ですが、仕事の方もコツコツ進めています。
3月22日に着物ファッションショーをすることになり、そのプレスリリース(報道機関への告知のこと)を出したところ、Googleニュースにのりました!
広報にお金をかければ載るのは簡単なのですが、弊社はそこまでのお金を算出する余裕はないので、プレスリリースを出して反応待ちと言う形です。載るのか載らないのかGoogle様のみぞ知ると言う感じです。今回、載ることが出来て嬉しかったです。

とは言っても、実は、本日テンション上がっていないです。家の改装工事で、またまた問題が起きまして、、、もう、フロリダでの改装工事について一冊本が書けそうです。
今朝、腕にやや疑問を感じる大工さんがお越しになり、3ヶ月ぶりに美容院に予約を入れていたので外出してしまって、私が優雅に美容院から帰ってくるとキッチンの一部が小学生の工作の作品かと言う出来映えにされているところがありまして、(それも中途半端に終わらして帰ったご様子)「なんじゃこりゃ!」と言いたくなることがありました。

話しは戻りまして、着物ファッションショーの準備は、やっとモデルさんの選出が大体決まりました。着物にもサイズがあるのですが、やや背の高めの方たちでそろってしまっているリストを見て、着物にはサイズがあるって伝えたはずだったのですけどね、細かくサイズについて書き伝えたのですけど、、、と、ちょっと唖然としました。「着物にはサイズがあるのですよー」と再び言ってしまいたくなりますが、モデルさんを集めてくださった方のご苦労を思うと、そんなことを言えなくて、、、大変感謝しております。モデルになってくださる人たちにも感謝しています。
こんなドタバタな日々がもっともっとこれから加速するのですね。でも、着物ファッションショーを立ち上げ参加してくださる皆様とご一緒に頑張りたいと思います。

瞬間風速みたいですが、マイクロソフトのBingニュースにトップで載った時の画像を貼りますね。
「Coming-of -Age-Ceremony"Kimono Fashion Show by Hiromi Asai in Miami Beach...」が今回のPR記事です。

2/27/2015

あるコメントへの返信に

昨日のブログ(「琳派の本が届きました」)に匿名さんからコメントをいただきました。「日常がうまくいかない中でも、こうした本に出会ったワクワク感が伝わる」と言ったような内容だったと思います。そのコメントの返信に私から「芸術って時を越えて感じることが出来るものです。日常と言う今においてこそ、その芸術の素晴らしさがより際立って見えることがあるのかもしれませんね。」と書き、自分で書いておきながら「そうだよね」って改めて思いました。

今、子育てに追われている日常の中で出会う芸術は、更に際立って美しく見え、壮大な世界観を私に与えてくれます。桜が咲きこぼれている絵なんて見たら、これが屏風の大画面ならと想像しただけで涙が込み上げてきます。(産後鬱の時期はとうに過ぎているのに、未だに涙もろいです)
苦労した分だけ、美しさに出会う心を持つことが出来るのでしょうか?(母として子育てを苦労だと言ってはいけないのかもしれませんが、、、)

話は変わり、本日子どもたちの言語療法がありました。
今回で7回目です。個人差がありますが、この子たちにとっては飛躍的に言葉を発することが伸びて来たと思います。
そして最も重要だと言われている「アイコンタクト」(目線を合わせる)
ここ一ヶ月ほど、子どもに話しかける時や何かを子どもが伝いたい様子でいる時に、しゃがんで子どもと目線を合わせ話しかけます。しゃがみ、立ち上がり、しゃがみ、立ち上がり、しゃがみ、、、なんだか小学生の時にうさぎ跳びをしたことを思い出しました。厳しい先生だったなぁ。

こうした日常があるからこそ(うさぎ跳び?どんな日常何だか)、より芸術が鮮明に見えてくることってありますよ。
琳派の絵でなくても、ゴッホの絵でもセザンヌの絵だっていいと思うのです。音楽を聞くのもいいかもしれません。自分が好きだった系統の芸術に触れ、子育ての合間に見てみてくださいね。芸術は時を越えた贈り物。今と言う大変な背景があるからこそ、素晴らしい感動する心に出会えるかもしれません。

写真は自宅で言語療法を受けているところ。体操指導を受けているような姿ですが、まあ似たようなものですかね、、、。

2/26/2015

琳派の本が届きました

琳派の本が昨日届きました。
写真下が表紙です。表紙の絵は鈴木其一の「朝顔図屏風」です。
今年は、京都市が琳派400年記念事業として琳派にちなんだ催しを沢山行っております。
私も催しの一つに招待を受け参加させていただくことになりました。アメリカで着物スタイリストをしているので、催しに参加する前に、海外での琳派の解釈を先ずは自分の中でまとめておきたいと思い、英文で編集されているこのような本を買いました。
琳派に関する英文での本は数多くあり、海外でも琳派は有名で、大変評価が高く、振り返れば日本で下火になったときに、ヨーロッパの人たちが琳派の絵に感銘を受けて、ある意味海外からの評価で再評価されたと言う見方もあるほどです。そうした経緯(海外からの評価において再評価された)は、個人の絵師である伊藤若冲に似ていると思いました。
流行には浮き沈みがありますので、こうした海外からの再評価での逆輸入と言う話はよく聞くことがあります。

結局、英文の本を読む前に、ナマジな知識を上に書いてしまいましたが、
昨夜はこの本を子どもが眠った後に開いたら、もう止まらなくて、絵だけですが見続けてしまいました。(英文をスラスラ読めないので、、、時間が必要かな、、、)

目次「WAVES(波)」のところには(写真下)

着物が!載っています。尾形光琳は呉服商の息子さんで、着物にも絵を描いていたので(図案も)、この着物はまさかと思いましたが、20世紀初頭頃で作者不明の着物でした。作者不明でも琳派に分類されているものがいくつかあります。

項目「波」の一番はじめのページに着物の柄がドアップで載っています。

本当に波だ!こんな風に波を描くのって、やはり日本だけだと思います。
(小学生の感想文みたいですみません)

ここ2、3年ほど育児書と絵本に囲まれて過ごして来たので、この本を見ていたら、どこかに置き忘れていたような自分がいたように思いました。ワクワクして、今朝は朝早くから起きてしまいました。本のつづきを見たくて見たくてって、琳派中毒です。

琳派400年記念とは関係ないのですが、フロリダで着物のファッションショーをプロデュースすることになり、最近そちらの準備も忙しさが増してきたので、(+無休の双子育児)、どうなることやらですが、でも寝る間を惜しんでもこの本を見ていたいです。

夫が昨夜私の横で本をチラッと見て、「絵が上手いんだね」と一言。思わず笑ってしまいました。「そりゃー上手いでしょ。尾形光琳は絵が上手いでしょう」と思いました。私は敢えて声には出しませんが。

今回はこの辺で、しっかり本を読んでブログに琳派について続編を書きたいです。続編がなければ、双子パワーに撃沈したとお察しください。

2/25/2015

もう〜、また延期!?

家の内装工事をしておりまして、窓屋さんは「今週には窓を完成させる」と、口癖の「ギャランティー、ギャランティー、ギャランティー」(保証する、保証する、保証する、、、)
ほぼ完成しているのですが、本日も残りの作業があると言うので朝から家で待機しておりますと、先日来ていた作業の人とは違う人が来て、スペイン語圏出身の作業をする人は、窓を一通り見てから片言の英語で
「Do you know a cow?」(一匹の牛を知っているか?)と話しかけられました。
cow? うし?
モウ〜

違う違う、牛を尋ねられる状況ではない。cowに似た発音で表現される現在の状況から推察される単語は何だろう?と、かなり高度な連想の世界へと行きまして、アレコレ考えていました。
しばらく考え込んで黙っていたら、、、「It's OK」(もう良いよ)と言って、少し困った顔で自分の携帯電話から誰かに電話をかけはじめました。そして私のところに電話を突き出すので(もうジェスチャーだけの世界)その電話に私が出ると、綺麗な英語でゆっくり話しかけられました。どうも壁の色を聞いていたみたいです。
cow(カウ)ではなくて、color(カラー)
色のことを聞いていたのかー。モウ〜と牛のように言ってしまったりして。
「Which color?」(何色ですか?)と壁を指差して言ってくれれば分かったのに。でも、この人の気持ちとても分かります。人に尋ねる時に丁寧な英文を堅苦しく頭で考えすぎてしまうことが私にもあり、「あなた知っている?」「何色か知っている?」「この壁の」この3つを組み合わせアレコレ考え一文にすると(一部単語が省かれますが)上記のような英文になってしまったのだと思います。(いえいえ、私の単なる聞き取りミスかな。)

そして、内側の壁のペンキはガレージにありましたのでガレージに案内して、外側の壁の色は現在私たちは持っていないので、カラーコードを書いて教えました。
そのメモを手にして、「OK! バァイ」と言って帰ろうとしたので、私が「えっ」と言う顔をしていると、「Tomorrow」(明日!)と言って、笑顔で帰っていかれました。
その「Tomorrow」の意味することは十分理解出来ます。「ペンキないから、明日にするね。今日の作業は終了。じゃ、バイバイ」と言うことでしょう。

モウ、モウ、モウ〜、また延期!本当に牛になってしまいそうな朝でした。
こちらでは一日ぐらい伸びるのは、延期のうちに入らないのかもしれませんが、、、。
これからは、電子辞書スペイン語を用意しておこうと思います。

下の写真は、先日朝から夕方まで作業をしてくれた人の後ろ姿です。ちょっと感動するほど、勤勉な二人組でした。作業がはじまれば、やっぱりプロだなって感心します。私ったらモウモウ不満ばかり言っていないで、感謝の心を忘れずに、、、。



2/24/2015

我が家のアッコさんコレクション

こちらの作品は切り絵です。アメリカの家にも栄えます。
 

私の家の様式はオールド・スパニッシュです。今住んでいる町が開発された90年ぐらい前に、町の景観を美しくするため、スパニッシュ様式の家で統一したそうです。でも、同じような家がならびつまらないと思いはじめたようで、様式をオランダ風にしたりと、道の通りが違うと違った様式の家が建ち並んでいたりします。景観を美しくしようとする徹底ぶりはすごくて、表道路には電信柱がなく裏庭に電信柱が通っています。まだまだありますが、、、。この景観を守ろうとしたのが100年近く続いていることにも驚きます。
話が脱線してしまいましたが、

この古くさいスパニッシュ様式の家(古くさいのではなく本当に古い家)に飾られている上の切り絵は、夫の従姉妹の作品です。
アッコさんと言いまして、切り絵作家として活躍しています。額装はアッコさんのご主人が一つ一つの作品ごとに合うように手作りしています。
もちろん、いとこ割引などはありませんので、純粋に私が個人的に好きで買っています。

でも、こちらの一枚だけはプレゼントとしていただきました。

アメリカで初節句を迎える時に、鯉のぼりも兜も用意してあげれない双子のために、節句の祝いになるきり絵を注文したところ、「出産祝いをあげていなかったから、プレゼントということで送ります」と言ってくれました。作品のお代はアッコさんのお父さん(夫の伯父さん)が負担してくれたとのことで、伯父さん一家からのプレゼントとなりました。

なんだか出産祝いを催促した形になってしまって申し訳なく思いました。アッコさんは双子の写真を見ながら作ってくれました。作品は、本当に素晴らしくて節句の時期に関係なくダイニングに飾っています。
そんなダイニング部屋での本日のランチでの様子(写真下)。あれ?一人いないって。そうなのです。食事中、急に退席してしまって、、、。落ちつきないのです。
先日のバーベキューパーティーで双子たちが大好きであることの新発見をしたブルーベリーを出したら、もう一人が席にお戻りムシャムシャ食べはじめました(写真下)。「ブルーベリー使える」と思いましたが、食べ物でつるなんていけないですね。
この部屋にアッコさんの絵を前に、家族で、楽しい?(騒がしい)お食事をしています。
写真で見るとランチということもあり少々寂しい感じですが、、、これが写真の印象とは違いハチャメチャ騒がしいんですよ。

こちらの作品、桐で作られた額装も素敵だなって思います。

あっこさんのwebサイトはこちらです。http://home.p01.itscom.net/akkomanu/

2/23/2015

大ショックで落ち込んでいる時に

私の着付け教室に通うアメリカ人の若い女の子が、日本文化に関するお稽古ごとに行った時に、そこにいた人から着物の着方を指摘され、稽古場の皆さんの前で着直しをする羽目になり、とても恥ずかしい思いをしたと話してくれました。また、「ここでのお稽古を続けるのなら、着付け教室に通わないほうがいい」と言うようなことを言われたそうです。

彼女は、昨日私の着付け教室に来て、私を選んでくれたことを話してくれました。

日本文化が好きなアメリカの若い女の子をこんなに傷つけてしまったことに、大ショックでとても悲しく残念に思いました。

胃痛になったことはありませんが、今朝はお腹が絞られるように痛く(これが胃痛?)、もう大ショックで落ち込んでいる時に
双子の一人は足を嗅いでるし、、、(意味不明)

朝から運転免許の住所変更に行ったり、、、(元気じゃん)

私が思い詰めていても仕方がないのですが、アメリカ人の彼女のことがとても心配でケアをしっかりしてあげないとと思いました。昨日は、彼女に「私もあなたを信頼している」と伝え、そして日本文化について学べる場があるので、彼女がお稽古に通うのを受け入れていただけるか早速連絡を入れて、彼女が通えるようにしておきました。嫌いにならないでね、、、日本文化を。

こんな時に、双子の一人はまだ足の臭い嗅いでるし、、、シツコイぞっ。
いつから足の臭いを嗅ぐのが好きになったのかしら?

2/22/2015

お友だちが増えるといいね

昨日、5キロランレースに出場した後、マイアミのバージニア・キーと言う島でバーベキューパーティーがありました。マイアミで医学関係の仕事に就いている日本人の集まりで、夫が医学研究の仕事をしているのでいつもお誘いいただいています。ご家族全員で参加する会なので、いろんな年齢層のお子様たちも来ます。
小さなお子様がいるご家庭が多く、子どもたちが日本語で会話が出来る素晴らしい機会にもなります。レース出場でクタクタでしたが、頑張って行ってきました。

「さあ、バーベキュー会場についたよー」と振り返ると、朝早く起こされた双子たちは車で爆睡中。こんな機会はないのだからと起こしましたところ二人とも超不機嫌で、一人は抱っこ、もう一人は会場にいる皆様を睨みつけていました。「すみません。寝起きなので」と説明しながら、疲れきった一家の姿で登場となってしまいました。
お子様たちが砂浜の方で遊んでいたので、双子たちに「さあ、皆と一緒に遊ぼうね」と話しかけても、「はあ?眠いんだけど」と言いたげな睨み表情、ママでさえもあんたたちに声をかけるの怖いんですけど、、、。

やや時間がかかりましたが、アップルジュースなどを飲んだり、少し食事をつまみまして、周りのお子様たちが楽しそうに遊んでいる砂浜に近づきはじめました。
しかし、人んちの遊び道具で勝手に遊び出す双子たち(写真下)。

徐々に輪の中に入っていきました。

ここには美しい海があるのですが、本日はマイアミにしては寒かったので、海へは遊びに行きませんでした。
場になれてきて、フルーツをほおばる双子たち。ブラックベリーが大好きだなんて新発見です。こうした席に参加すると、家でいつも食べているものとは違うものを食べる機会にもなり、新たな発見がありますね。

ご主人の仕事の都合でアメリカで子育てをしなくてはならなくなった同じ境遇のママさんたちともお話しが出来て私自身参加して良かったです。また、子育てをしながらこちらで仕事をしているママさんたちもいて、その力強さには驚きました。
双子たちにもお友だちできたかな。お友だちが増えるといいね。

2/21/2015

5キロランレース出場の大袈裟なストーリー

5キロランニングレースがあり出場いたしました。皮膚癌の研究基金を募る大会です。
会場は、キービスケーンと言うところにある広場です。ここは、ソニーオープンテニスなどでシャラポアも出場するほど世界的な大きなテニスイベントが開かれるところです。(下の写真は、会場に向かっているところです。朝日が綺麗でした。)
レースのスタートは朝の7時30分、「6時45分までにチェックインをしてください」との案内が来ていましたが、少々遅刻して6時50分にチェックインしました。その後も続々人が来るので、さすがマイアミ時間(約束の時間から1時間以内ならOKだとか言う説を言っていた人がいました)、皆様チェックインの最終案内時間なんて関係ないのだなって思いました。

スタートを待っている間、バスケチームで有名なマイアミヒートの応援するダンスチームの人たちが準備体操を指導してくださいました。
そしてマスコットが巡回していたので、ハイポーズです。ちなみに子どもたちは走りませんが、応援に来てくれました(強制的に、、、)
 レスキューの車まで到着しました。

準備体操も終わり、スタート地点へと行きました。「あれ?マスコットさんも走るの?」

とても綺麗な海沿いがラン・コースです。

レスキューの車が来ていたので、レースで倒れても大丈夫だなんて思っていましたが、どうも消防士さんたちが団体でレースに参加していました。さっきのレスキューの車はこの人たち?写真下が消防士さんたちです。

1マイルとの表示が見えた時に、いつも日本での感覚で「まだ1キロ」と思ってしまいますが、正確には1.6キロ地点。走るのが久しぶりなので、ゆっくりとしたペースで走りはじめたのですが、それでも苦しくて歩いてしまおうかと迷いました。「頑張ろう、頑張ろう」と自分に声をかけましたが、脾臓まで痛みだしたので歩いてしまいました。この時に流れていた音楽はNellyのJust A Dream。この曲を聞きながら昨年はハーフマラソンまで完走したのにと思いました。
走っていた時に私が追い抜いた人たちが、歩いたとたんドンドン私を追い抜いていきます。「まるで人生のようだ」と壮大な海を目の前に音楽なんて聞いてしまっているので、大袈裟にも考え「そう、私は走り続けなくてはいけないのだ」と、まるでマラソンを走る人並に葛藤していました。
上の写真は、一番辛かったけど、走り続けることにした2マイル(3.2km)地点手前。

ちなみに、第一走者の人の走りは、このようにジャンプしているかのように高い!(写真下)この人は、今回のレースのゲスト出場でトライアスロンのプロで世界選手権での金メダリストと言う人でした。今回のレースもダントツの1位。

「もうダメ歩いてしまおう」「いや、どんなにゆっくりでも走ろう」の繰り返し問答を自分の中でしていましたが、エミネムとリアーナのLove The Way You Lieが流れてきて、エミネムの声ってものすごく力強くてパワーがオンになる感じです。「いっちゃっている怖いお兄さん」と言うイメージでしたが、ものすごく実力派だったのですね。世界で有名になるわけだと思っていつも聞いています。
ここで、タイミング良くゴールが見えてきました(写真上)。なぜかゴールが見えると走れちゃうのですよね。ハーフマラソンの時もそうでした。
30分を越す遅さに、ゴール地点は人が減ってきていますが、自分の中では大感動でした。涙が込み上げてきましたが、ここで泣いたら変な人っぽいので、堪えました。

ボランティアの人たちが、飲料水やクールダウン用の濡れタオルを配ってくれました。
そして、このテントでは、バナナやドーナッツやスタバーなどのコーヒーまで置いてありました。

写真下は帰り道です。たった5キロレースですが、自分の中では壮大なドラマが繰り広げられていたような気がします。海沿いを走るって本当に素晴らしい気持ちになりますよ。


2/20/2015

ランチのお招き

大使公邸にランチのお招きをいただいたので本日行ってきました。
とても素敵な立地にあります。写真は車でむかっているところです。

お客様が揃うまでの食前酒部屋のようなところでしょうか?ランチなのでリンゴジュースが出ました。

お席につくと、名前と本日のメニューがありました。


乾杯してランチがはじまりました。
一番はじめは、野菜とロブスターのテリーヌです。
不思議な食感でした。ロブスターとイクラが全然生臭くなくて美味しかったです。

2番目は、マッシュルームとフォアグラのスープ
ものすごい”濃く”。とても私個人的に好きな味でした。浮いている物がありますが、食べてみても分からなくて、味の濃いチーズ豆腐かなって思いましたが、メニューに「foie gras」と書いてあったので帰ってきて調べたらフォアグラでした。

3番目は、イエローテイルと書いてあって、よく聞く”イエローテイル”を、この機会にどんなお魚のことかインターネットの英和辞典で調べてみました「ハマチ;ブリ;ワサラ;イナダ」と書いてありました。「ワサラ」??サワラのことかな?もしやインターネットの英和辞典の間違いを見つけてしまったのかな?果たしてワサラという魚が存在するのかなって思い調べてみたら、「ワサラ」→「和皿」しか出てきませんでした。やはりインターネット辞典の表示ミスですね。たぶん。
イエローテイルとホタテとトマトベースのソースとあって美味しかった。見たままを言っているような感想でこれでは料理評論家にはなれないですね。

4番目は、栗とムースと小豆のアイスクリームです。
フレンチシェフですが、デザートは和を意識したメニューとなっていました
小豆のアイスって美味しいですね。

このような席は身に余ることで、そして久しぶりの外食がこのような素敵なお招きの席だったので、食事が喉を通るかなって思うほど少し緊張していました。食事の席なのに食事が喉を通るか心配しているなんてね。大使の皆様へのお話しを持っていき方が自然で場が和み茶道で言うと亭主役ですが、素晴らしいもてなしの場を体験しているのだと思いました。シェフが丁寧に作ってくださったものも、食べるのがもったいないほど見栄えが美しくて、そして美味しくて、完食いたしました。

写真は皆様でお食事が終わったあとの席です。

ご招待されているお客様たちとも会話が弾みました。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうものですね。

家に帰ってきて、このような時間をくれた家族へ感謝の気持ちを込めて夕食を作ろうと思います。さすがにフレンチは無理ですが、クックパッドで「鶏肉」「簡単」「豪華」で検索したいと思います。

2/19/2015

着付けをするのに必要な小物(着物アクセサリー)

先日、現地アメリカのお客様からの問い合わせで「結婚式で着物を着たい」とあり、「着物はあります」と書いてありました。日本人からの問い合わせだと「着物はあります」=「帯も帯揚げも帯締めも他着付けに必要な小物は全て持っています」と言う意味まで含めていることがありますが、こちらは、本当に着物一着だけをもって「うちに着物があるんだけど、これってどうやって着るの?」と言う意味であることが多々あります。それでも、メールで問い合わせまでしてくださるお客様たちは「着物には着付けが必要だわっ」と言う発想に至っているので、それなりに着物のことを知っている人がほとんどです。しかし、こちらの都合で解釈するととんでもないこと(本当に着物一着)だけの可能性もあるので、確認作業をいたします。着物を着るにあたり必要な小物の名称だけでは伝わらないことがありますので、画像をお送りすることがあります。
時々使っているのが下の画像です。簡易的に撮った写真なので、お問い合わせのあったお客様だけに送っている写真です。ニューヨークでよく食べに行っていたイタリアンのお店のマッチ箱の横において大きさなどの参考にもしていただいています。(余談ですが、ここ「Bella Blu」美味しいです。)
 帯締め、帯揚げ
 伊達締め
 コーリンベルト
 腰紐
 帯枕
 帯板
 衿芯
肌襦袢*これはさすがにマッチ箱はいらないかな。

長襦袢の画像がない。そうそう、その長襦袢がなかなかくせ者で、半衿が付いているのかの確認にはいつも苦労しています。また、半衿は汚れていないかの確認も、、、海外で着物を着る人の中には、いただいた着物一式などを持っていることが多く、汚れたままの半衿を付けていることがあります。「この部分だけ取り外して、洗い、そして縫って付ける」私たちが当たり前に思っていることも着物を着る機会がほとんどない人たちには知らなくて当然だと思います。
今回は、あまりに漠然とした問い合わせだったので、「お持ちになっている着物一式を写真にとって送ってください」と言う返信にしました。
なーんだ、はじめから持っている着物一式の写真をお客様から送ってもらえばいいんだ。とも思いました。今まで何をしていたんだか、、、。
それでは上の写真は必要ないじゃん。と言うことですが、今までは少しは役に立ってきた画像です。
余談ですが、Bella Bluに行った日のブログはこちらです。(→)
このブログを今見ると、浮世離れしているのか誤字は多いし、同じ自分とは思えない暮しぶりにちょっと唖然とします。「何だこれ?ヘッヘーンだ」と少し僻んだりして、、、。
ニューヨークはお店がドンドン変わるので、今でも同じところで営業しているといいなって思います。