4/30/2015

きものファッションショー会場の下見

5月10日に着物ファッションショーをするのですが、本日やっと下見にうかがうことが出来ました。
その会場と言うのが、科学博物館(アイマックスシアター併設)と言うところで、下の写真が、ファッションショー会場だと案内されました。
「ジャジャジャーン」心の声。
ここで、着物ファッションショーをするのですか、、、?
気を取り直して他の角度からも見てみました。(下の写真)

うーん、なかなか個性的な会場。

ファッションショー当日は、この訳の分からない展示されている(子どもが喜びそうな)物は片づけていただき、ステージが作られるそうです。そして、私が「ランウェイを作ってほしいなあ」と話したら、「OK」って、とても軽いノリ。
博物館の催し担当のマイケルさんは、「OK」「パーフェクト(完璧だね)」「グレート(素晴らしいじゃない)」誉め上手で、私が提案することに褒め言葉で返答を次々してくれるので、私はついつい調子に乗り「ここは階段があって、赤い絨毯なんてひいたら美しいかも、それと、、、」と夢中に言いはじめたら、段々、言葉少なげになっていくマイケルさんでした。

今回のファッションショーは生け花インターナショナルの窪田さまにお花の演出をお願いし、窪田さまとコラボステージとしたいとお願いしたところ、快く了承してくださいました。大変光栄に思います。本日、窪田さまにも現地視察に同行していただきました。写真は窪田さまとマイケルさんがお話しをしているところです。ステージ作りにもご助言いただき、とてもお勉強になりました。

この着物ファッションショーは、「アジア(andポリネシアン)祭り」の中のプログラムの一つです。素晴らしい博物館で着物ファッションショーをすることが出来ることにとても嬉しいです。

いつもは、仕事場に、子どもを連れて行かないのですが、ベビーシッターさんが見つけられず、子ども連れで現地視察ミーティングに行きました。子どもまでお邪魔してしまいすみません。クッキーを食べながらママのミーティングを見守る双子。
子どもたちは、この博物館に興味津々でした。

はじめは、博物館に展示されているオブジェの中を着物ファッションショーするのかと、それも斬新だけどと思いつつ、かなり引いてしまいつつ、でも、話し合いをしていくうち、ステージ作りに博物館のマイケルさんもとても協力的で、とても楽しみになってきました。現地下見がゆっくり出来るようにと博物館閉館後にミーティングのお時間を作ってくれたマイケルさんのご配慮にも感謝しています。

素晴らしい着物ファッションショーに出来たらと思いました。
詳細は、後日、ブログでも書きますが、急いでプレスリリースを作成したいと思います。

4/27/2015

ビジネス・モラル

先日、2011年のニューヨークファッションウィークでコラボしたデザイナーさんが、その時に私が担当した着物のところが、あたかも自分の作品であるかのように「Kimono Now」と言う本に紹介されていました。その本は、日本文化を紹介している研究者が中心に書いた世界に向けてのキモノの本で、PRESTELというニューヨーク、ミュンヘン、ロンドンで展開している出版社から出ています。私が着物を使って作品にしたものが載っているのは、そのデザイナーさんが取材を受けたページで、私の名前は一言も書いていませんでした。

このデザイナーさんについては、こう言うことが今に始まったことではありませんでした。2011年にニューヨークファッションウィークにデザイナーさん側からコラボしたいと連絡が入り、「Hiroの名前を入れたから」とPRポスターにはデカデカと「Kimono Hiro」と入っていました。そんな感じにプロジェクトが進んでしまい、ファッションショーをどのようなテーマやストーリーにしたいのかデザイナーさんと話し合いに行っても、「日本ぽい物を出せればいいから、Hiroに任せる」と言われたので、そのデザイナーさんの途中経過の作品を見させていただき、どのキモノを使うかと言う部分から私が決めなくてはいけない珍しいケースでした。そして、キモノだけではなく、そのデザイナーさんがデザインする洋服に帯を結んでほしいと、そのデザイナーさんに生地の提供をしていた京都の帯屋さんの生地を出され、デザイナーさんに組み合わせを聞くと、それも「任せる」と言うので、コラボだから仕方がないかと思い、いそいそと頑張りました、、、。が、しかし、ファッションショー当日、なんとプログラムに私の名前がない!その上、私が担当したところが、数社のファッション雑誌にデザイナーさんの名前だけで載っていて、コラボと言うのははじめだけでした。終わってみたら、その露骨さに驚くだけでした。

ファッション業界のクレジットを得る(名前が載る、肩書き)については、いつも問題が付き物と言うイメージが拭えないほど多発しています(クレジットとは、皆様がよく耳にするのが映画などでエンド・クレジットではないかなって思います。監督や俳優の名前など)。
当時、私は詳細について決めた契約書がないまま、このような大きな案件を請け負ってしまったため、こうした問題も、そのデザイナーさん自身のビジネス・モラルだけの範囲を越えないことでの問題でしかありませんでした。
ニューヨークには、アートやファッション業界にチャンスを求める人がいろんな国から集まるため、細かい契約書を作成せずにその世界に飛び込んでしまう人も多いです。そのため、ビジネス・モラルに委ねられている部分が大きい業界でもあります。私の場合は、チャンスをものにしたいというのとは少し違い「まあまあ有名なデザイナーさんだし、私自身信頼している京都の帯屋さんと仕事をしているデザイナーさんだし、PRポスターにはデカデカと「Kimono Hiroとコラボする」と書いてあるし」と、そんな理由だけで、デザイナーさんを微塵も疑いませんでした。
そして、このような結果となり、自分が仕事に対し甘いところがあったことを知り、それからはどんなに小さいことでも契約書を立ち上げるようにしました(あー、ここはアメリカなんだと実感した時でした)。また、私も、私から仕事をお願いするヘアアーティストさんやメイクアーティストさんへ、クレジットはきちんとお約束してあげれるように出来る限りクライアントと交渉したりするようにしました。
もしかして、そのデザイナーさんは私が名前を載せてもらえなかったことを気にしていないと思っているかもしれません。でも、こうして自分が本来行った仕事の対価をいただけない時に受ける悲しい気持ちをはじめて知る機会になり、自分も他の人と仕事をする時に、こうした印象を与えてはいけないととても気を付けるようになりました。

それにしても、今回の件については、「4年前のファッションショーの私の着物を使った作品を、このデザイナーさん、いつまで使うのかな?しつこいなー」とだけ思いました。

はじめアメリカで仕事を始める時は、騙す人しかいないのではないのかと思えるほど、ビジネス・モラルなんてあったものではないような大袈裟な話を聞くことが多かったですが、実際には、アメリカの大手企業の広告などを皮切りに仕事が軌道にのったので、あまりそのようなトラブルはなくきました。(そこが、私が相手に契約を任せてしまう姿勢になった反省すべき点です。)
ファッション雑誌VOGUEなどは、私が担当した部分については「◯ページに載っています」とのレター付きで、掲載後に雑誌までご丁寧に送って来てくれました。ここ数年仕事をご一緒にする機会が何度かあった世界的に有名なスタイリストのパティーさんは、ビジネス・モラルの高い人で、クレジット(名前載せ、肩書き)をどのように載せるかを何度も確認の連絡をくれました。彼女の仕事のプロ意識の強さや誠実さに、「有名になってもこういう人でいられるって凄いことだな」と、いつも考えさせられます。

ビジネス”モラル”と言うグレーゾーン、そこを自分の都合良く上手く利用する人もいれば、そのグレーゾーンでこそ、互いの信頼に委ねられるだけの仕事の幅を利かせられる誠実さを出している人もいます。

確かに、ニューヨークのようなところでは世界を舞台に仕事をしている人たちが集まるので、綺麗ごとでは終わらないビジネスとして勝算を考えなくてはいけない世界もあります。どこでこのビジネス・モラルと折り合いをつけて行くかだと思いました。

Kimono Nowについて知ったのは、私の仕事を手伝ってくれている人から連絡が入り「またHiroさんの作品を使っているよ、このデザイナー」と言われ、4年前の作品が載っているのを知り、その背景などであったことも含め改めていろいろと考えさせられました。

4/26/2015

マイアミのギャラリーのレセプションで着物

アーティストのヘンリケさんがカンボジアで写真撮影して来たものを元にアート作品にしたもののエグゼビションが本日から始まりました。
シリーズ化したいとのことで、その源流にあるテーマには、アジアの服飾があります。
そこで、キモノの展示もしようと言うことになり、ご相談いただいていました。レセプションの時だけ限定で、キモノの展示をすることになりました。
でも、今回の作品展の中に、キモノが存在することの意味が、実のところ私にも理解できていないところがありましたが、でも、アーティストさんは芸術を作る人、理論的なことを申し上げるより、彼の世界を大切にしないといけないと思いました。彼の世界観を表現する場ですものね。

写真は、レセプション会場のヘンリケさんのギャラリーです。会場に、きものを展示してありますが、キモノは”着る物”なので、キモノを着ている姿も見せたいと思いました。

そして、このように展示されていました。
うーん、そのままって感じです。ただ、衣紋掛けにつるしてあります。
会場全体の中では、下の写真のような感じです。

意外と調和しているかも。

下の写真は、ギャラリーに飾られているヘンリケさんの作品で私が気に入ったものです。




10年近く前に、夫と私はカンボジアに旅行したことがありました。アンコールワットを見に行くのがメインの観光です。振り返っても、こんなに活気や色彩豊かだったかな?と思いましたが、きっとここ10年間で活気があふれてきたのだろうと感慨深く見ました。
この写真たちは、アート作品とする時に色彩が加えられているのかもしれませんが、これがヘンリケさんの心で受けたカンボジアの印象の色彩なのだろうと思いました。

写真のオジさまから「あんたのマイアミビーチでやった着物ファッションショーを見に行ったよ」と声をかけられ、「あなたと一緒に写真をここで撮りたい」と着物の前まで連れてこられたところです。お声をかけていただいてとても嬉しいです。

ギャラリーには1時間弱ほどいて、直ぐに家に帰りました。このヘンリケさんのギャラリーがある場所(ウィンウッド)は、近年、壁画アートで有名な町となり、ギャラリーが多く集中していますが、もの凄く治安が悪いところなのです。でも土曜日にレセプションをしているギャラリーが多いため、いろんなギャラリーを巡回している人たちがいて、夜が遅くなればなるほど賑やかになります。
とても夜道を歩けるようなところではありませんので、車の中から夜のウィンウッドの町を撮影しました。



メイン道路を少しだけ離れるだけで怖いぐらい閑散としています。映画「バグダットカフェ」をなぜか思い出してしまいました。砂漠の中のドライブスルー?あれはドライブスルーではなく、カフェかな?どっちでも良いですね。
夜のウィンウッドは、車に乗っていても、少しでもこの場を早く去りたいと思える場所でした。

4/19/2015

プレゼント

昨日のブログのつづきで、ヘンリケさんからプレゼントをいただきました。
3月22日にマイアミ・ビーチで行った私の着物ファッションショーでのワンシーンである写真をヘンリケさんが作品へと変身させたものです。

このプレゼントを見て、先月での話なのに、とても昔の話のように思いました。

来月も着物ファッションショーを行う予定です。今はモデル集めをしているところで、忙しい日々が続いていますが、私のファッションショーをこのように作品にしてくださっているのを見ると、フッと足を止めて音楽をひたすら聞いて、このように作品にしてくれた人や見に来てくれた人たちに何かしら心に残るものが出来たことを、素直に嬉しく思っていたいです。

ヘンリケさん、素敵なプレゼントありがとう。

4/18/2015

アート街でコラボの打ち合わせ

本日は、芸術家のヘンリケさんと打ち合わせをしました。
マイアミダウンタウンのデザイン・ディストリクト(ウィンウッド)と言うエリアにヘンリケさんのギャラリーがあります。このエリアは元倉庫街で今では壁画アートや芸術作品のギャラリーが集結したところで、昔のニューヨークのトライベッカみたいなところです。世界最大の現代アートフェアであるマイアミアートバーゼルの時は、もの凄い盛況になる街です。(下の写真は、街の写真です。世界一流の芸術作品を持つギャラリーもあるのですが、なぜかとても治安の悪いところに隣接しています)




ヘンリケさんは、自分のギャラリーを持っている芸術家です。ヘンリケさんの作品はとても素晴らしいです。そしてヘンリケさんのギャラリーに所属する芸術家Miguel Vallinas Prietoさんの作品は「この作品見たことがある!」と思えるほど有名な作品で、インターネットで検索したら日本語でも紹介されているほど有名なスペイン出身の芸術家でした。

現在ヘンリケさんは、アジアの服飾をテーマとして、その背景にあるアジアの世界観を表現し作品にしていました。来週土曜日にヘンリケさんの展覧会のレセプションがあるのですが、そのレセプションで着物を展示することのアイデアについてご相談をいただきました。また、そのレセプションとは別に、ご一緒に作品作りをしていこうということになりました。
芸術家と一緒に作品作りと言えば、今まで、ニューヨークを拠点とするビジュアルアーティストのローリーシモンズさんの芸術作品づくりに携わったことがあるのですが、「芸術作品」と言うと垣根が高く感じてしまいます。でも、ヘンリケさんとなら、楽しく新しいものを生み出せるような気持ちになりました。彼の作品は新鮮なのですが上品で優しく奇をてらうことがない自然体な印象があったので、一緒に芸術作品を作ることが出来たら良いなって私自身も思いました。

芸術ってある意味、激しく癖(個性)がある世界の中で生み出されるかと思っていましたが、著名な芸術家の人とご一緒に仕事をした時に、拍子抜けするほど自然体で爽やかな風がながれているような雰囲気の人が多く、ニューヨークの時に私と当時のアシスタントで気張ってスタジオに行ったことを恥ずかしく思った日のことを思い出しました。

レセプションへの展示や作品づくりとは別で、ちょっとサプライズでヘンリケさん用に浴衣と角帯と下駄を持っていき、洋服の上からですが実際に着てもらいました。とても喜んでくれて、「着ていると気持ちが良い!」と言ってくれました。
実際に着てみることは展示では味わえない面白い世界が広がるでしょ!
下の写真は、ギャラリーの外にまで浴衣で歩きに行ってしまいました。なぜか私がギャラリーのお留守番です。

ヘンリケさんの作品展のレセプションを素敵なレセプションに出来たらと思いますし、今後のコラボのこともワクワクしますね。

4/07/2015

建仁寺と「丸・三角・四角」

3月28日に琳派400年記念事業の「きものトークショー」に出演した後に、東京からトークショーを聞きに来てくださいました長年の友人である淑女さんと、建仁寺にフラリと寄りました。
天井には、龍が!凄い迫力です。こちらは、2002年建仁寺創建800年を記念して作られたのだそうです。小泉淳作画伯「双龍画」です。

俵屋宗達の「風神雷神画」複製です。
この素晴らしい屏風画の前でお話しをする機会をいただいたなんて「信じられないなぁ」と、しみじみ眺めてしまいました。

下の写真はお庭です。禅寺と言えば「庭」ですね。


写真は、「建仁寺方丈障壁画」雲龍図です。

安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した海北友松が描き上げた作品ですが、こちらも複製です。(本物は、京都国立博物館に保管されています)

写真は、「丸・三角・四角」。
私とご一緒していた淑女さんが「私これ大好きなの」と言って足を止めました。「丸は完全、三角は座禅の姿、四角はその枠から一歩を踏み出す」と言う話をしてくれました。つまり四角は、「既成概念の枠から一歩を踏み出す」と言う素晴らしい教えがあるのだそうです。教養のない私には、単なる「丸・三角・四角」にしか見えませんでしたが奥深いのですね。枠からの一歩を踏み出すことの大切さを昔の人はこのように伝えていたのですね。見れば見るほど味わい深くなってきました。こうしたシンプルなものほど、飽きない、それだけ奥深いということなのでしょうね。

琳派400年記念事業ワークショップ「きものトークショー」

今回、きものアルチザン京都さまから招待いただき、琳派400記念事業として2つ目のイベントとして「きものトークショー」に参加させていただきました。
日本で大変活躍している着物スタイリストの大竹様と私のトークショーが、3月28日に京都の祇園にある鍵屋さんで開かれました。写真は、会場でスライドのセッティングをしているところです。
会場はやや小さな目のところでしたが、沢山の人にお越しいただきました。はじめに私が海外で行っている着物の活動について、スライドを使ってお話しをさせていただきました。(写真下)

写真は、大竹様と私のトークショーです。椅子に座ってのトークショーで、進行役がきものアルチザン京都の石崎様でした。

大竹様から笹島寿美先生のお名前をうかがい、私も時代衣裳の着付けを習ったことがあったので、その共通点で話が盛り上がりそうになりましたが、進行役の石崎様から私たち自身のお話しに戻していただき、石崎様がいなかったらそのまま笹島寿美先生のお話しで終わってしまう勢いでした。私はマイペースだと言われますが、大竹様もとてもチャーミングな人で、少しホッとしました。日本でバリバリに活躍している着物スタイリストさんだとうかがっていただけに、どんな人がお越しになるかと恐れていましたが、着付けに情熱的で、柔軟な考え方があるので、とてもお話しをしていて楽しかったです。

楽しいトークショーが終わり、大竹様とご来場いただいた皆様とご一緒に記念写真を撮りました。座っている向かって右が大竹様で左が私です。ご来場の皆様も着物を着て来てくれました。またいつの日か、大竹様をはじめご来場いただきました皆様にお目にかかれる日を楽しみにしています。

4/05/2015

琳派400年記念事業「きものシンポジウム」に参加しました


京都の建仁寺で琳派400年記念事業として3月27日に「きものシンポジウム」がありました。今回、きものアルチザン京都さまから、シンポジウムのパネリストとしてご招待をいただき、恐れ多くも参加させていただきました。マイアミビーチでの着物ファッションショーが終わった翌々日にはアメリカから日本へと出発いたしました。
事前準備も行き届かず、蒼々たるパネリストの方たちの中でお話しをすることに大変恐縮しており、必死で飛行機の移動中に原稿作りをしていました。
京都に到着した日(シンポジウムの前日)に、アメリカで名門の新聞社であるマイアミヘラルドに私のファッションショーが誌面に載ったことを知って、「こうした結果を出せているのだから」と少し勇気をいただきました。

今回の議題は
1.和装産業の現状とモノづくり産業の現状について
2.和装産業及び日本の伝統産業保護・振興に必要なことは?
3.世界から見たきものへの関心度とインバウンド( 海外から日本へ来る観光客)の可能性について
パネリストの中には行政から参加している経済産業省の小川様がいたこともあり、行政側のお話しを聞く機会にも恵まれました。
私は、3番目の議題での意見を求められました。

6年半ぶりの日本で驚いたのが、海外からの観光客の人たちが多く、京都で着物を着ている人が多いことでした。噂ではお聞きしていましたが、これほどに多いとは想像を越えていました。そして、皆様生地はコットンや化繊かもしれませんが、着物らしく着こなしていることにも新鮮な驚きがありました。良い意味でも悪い意味でもとらえられる風景で、私自身、飛行機の中で考えていた話したいことと大分ズレてしまいました。
他のパネリストの方たちのお話しを聞きながら、今回6年半ぶりの日本を見ての感想を交えながら、世界から見たきものへの関心度について感想を述べさせていただきました。

やはり、市場はここ京都にあるのだと思いました。そのため、海外での着物の発展も、やはりここ京都に来る観光客の人たちが持ち帰る印象に深くかかわっていることだと思いました。

こうしたシンポジウムでお話しをするのはとても苦手なので、自分の言いたいことが上手く伝えられたか分かりませんが、参加しているパネリストの方たちのお話しが面白く興味深く、参加して良かったと思いました。
海外で着物の活動をする上で、京都の今の姿を見れたことが何より良かったと思います。

建仁寺は、琳派の俵屋宗達が「風神雷神」を納めたところですが、現在は本物は国立博物館にあり、複製画が残っています。琳派を代表する作品がおさめられた建仁寺で、複製画ではありますが、宗達の風神雷神の前でお話しが出来たことは大変光栄に思います。
ご招待してくださいましたきものアルチザン京都さまや、ご同席させていただきましたパネリストの皆様、そして会場にお話しを聞きに来てくださいました方たちに感謝しております。

会場の写真を下に貼りますね。素晴らしい会場でした。



4/04/2015

きものファッションショー「成人式」

去る3月22日に、マイアミビーチで「きものファッションショー」をしました。もう2週間も経つのですね。マイアミ在日本国総領事館からの依頼でした。
テーマは「成人式」にしましたが、ショーの構成を考えていた時に、11歳のキューバ出身のアインホアさんから「モデルとしてショーに出演したい」と自ら私のところにご連絡をいただき、彼女の写真を見ていたら、いろんなアイデアが出来てきました。
副題の「Emerging from Pupa」は、「さなぎから出現(孵化)する」イメージで、11人の成人式をむかえる中に、一人の少女がその階段へと向かっていく瞬間をイメージしました。

ショーの当日、現地に行ったら、ランウェイのパネルが3枚だけ横に並べられていたりして、舞台作りを一から行わないといけないほど大変な現場でした。事前に舞台作りについて図面を書いてお渡ししていましたが、通じていなかったことには特に驚きませんでした(家の改装工事をしていたので、大工さんへあまり期待していなくて、笑ってしまうほど「やっぱり」と言う気持ちでした)。アメリカって何でも自分でやらないといけないのですね。そんなドタバタではじまった現場ですが、スペイン語圏の大工さんにお願いしながら、下の写真のようになんとか舞台を作りました。

本番前の写真です。こちらのモデルさんたちは領事館の職員の方が集めてくださいました。現地マイアミの大学生や、バレーを習っていたり、補習校(日本語学校)でボランティアをしている子たちで、礼儀正しく本当に可愛いモデルさんたちでした。

ファッションショーの本番です。舞台用のライト(照明)が2つだけしかなく、それも貴重な2つだけのライトがなぜか出入り口の壁に向いていました。ここのところまで私自身本番前にチェックが行き届かず、ライト位置について反省しています。少々暗めの会場になり、写真もやや暗めになってしまいました。

トップバッターは、男性の羽織袴です。

 成人式をむかえることを設定としている女性のモデルさんたちです。









成人式をむかえる11人の男女の最後は、エズラさんです。彼は夫の研究室に所属する医学部の学生さんです。

11歳の少女をエスコートするエズラさん。

11人の成人式をむかえる人たちへと向かう少女のアインホアさんです。彼女だけダウンヘアにしていただきました。そして、十三参りなどで履くポックリを履いてもらいました。

彼女が会場に現れたら、大きな歓声があがりました。「ブラボー!」との声が飛び交いました。

ラストです。皆様勢揃いで歩きます。


ラストのラスト、大トリです。「大トリ」と表現すると、紅白歌合戦を思い出してしまいます。


ショーが終わりました。なり止まない拍手に私自身とても感動しました。「ブラボー!」との歓声が胸に響きました。

ショーが終わったあと、お客様にサービスしているアインホアさん。とてもキュートなので、私も写真を撮ってしまいました。

素晴らしいモデルさんたちで、本当に感謝しております。
領事館の方たち、そしてお手伝いしてくださいました方たちには、心から感謝の気持ちでいっぱいです。皆様、ありがとうございました。
そして、当日ファッションショーを見に来てくださいました一人一人の方たちに感謝の気持ちを伝えたいです。予測を超えて、沢山の人たちが来てくださいまして会場に入れなかった人たちも出てしまい、大変心苦しかったです。舞台が終わったあとには予定していませんでしたが、記念写真を撮ることにしました。会場に入れず、せめて写真だけでも撮りに来てくれた方もいました。
皆様に、心からの感謝の気持ちを込めて、ありがとうございました。